ここから本文です。

更新日:2018年2月6日

点字図書館

点字図書館は、当センターの1階にあり、視覚に障がいのある方のために、活字の本を点訳した点字図書や音声で読み上げてCD(デイジー版)に録音した録音図書の製作、貸出しを行っています。
製作した点字図書や録音図書は、札幌市内の利用者だけではなく、全国の点字図書館や公共図書館等を通じて全国の視覚障がい者が利用しています。
また、文字を手書きまたはパソコンで拡大した拡大図書の製作も行っています。

利用登録

利用できるのは、札幌市内または北海道内にお住まいの方で、視覚に障がいのある方です。
また、札幌市内にお住まいの方で、その他の障がいや病気等で活字の本を利用することが困難な方については、状況を確認のうえ利用ができる場合がありますので、お問い合わせください。

  • 視覚に障がいのある方で身体障害者手帳をお持ちの方
    登録にあたり、身体障害者手帳の写しの提出をお願いしています。
    手帳を持参のうえ、直接来館されるか、身体障害者手帳の手帳番号・等級、障がい名・住所の書かれている面をコピーし、連絡先の電話番号を付記した上、ファックスまたは郵送で札幌市視聴覚障がい者情報センターまで送付して下さい。
    詳しくは、当センターまでお問い合わせください。
    図書の郵送貸出しが可能です。送料は無料です。
  • 前記以外の方で、その他の障がいや病気等により活字本の利用が困難な方
    原則、来館による登録となります。活字の本を読むことが困難であるということを確認するため、身体障害者手帳や診断書等をお持ちいただきます。必要書類は、個々の状況によって異なりますので、事前に当センターまでお問い合わせください。
    なお、録音図書の郵送による貸出しはできません。視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」からのダウンロードによる利用または来館による直接貸出しとなります。

利用の方法と貸出期間・冊数

図書の利用申込みは、来館または電話、ファクス、メールで受付けています。
視覚障がいで身体障害者手帳をお持ちの方は、郵送料無料で利用できます。専用の郵送ケースに入れてご自宅にお送りします。返却も、同じ郵送ケースに入れてポストにご投函いただくか、お近くの郵便局までお持込み下さい。
貸出期間は、点字図書は3週間、2タイトル10冊まで、録音図書は2週間、3タイトルまでです。
なお、当センターに所蔵がない図書や雑誌についても、視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」から検索をして、全国の図書館から取寄せをしています。
ご希望の本をお探しいたしますので、本のタイトル、著者、ジャンルなどをお気軽にお伝えください。

電話011-631-6747、ファクス011-631-6751、E-mailtenji@city.sapporo.jp

視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」

「サピエ」は、全国の点字図書館や公共図書館など多くの施設や団体が加盟し、視覚に障がいのある方などに情報提供を行うインターネットを利用した図書館です。
日本点字図書館がシステムを管理し、全国視覚障害者情報提供施設協会が運営を行っています。
自宅からインターネットを利用して、全国の点字図書館や公共図書館が所蔵する点字図書や録音図書の検索ができます。
個人会員登録を行うと、「サピエ」に登録している音声デイジー図書や点字図書のデータを直接自分のパソコンや携帯電話にダウンロードして利用することや、簡単な操作で図書館に貸出しの申込みをすることができます。
個人会員登録は、視覚障がい者またはその他の障がいで活字の本などの利用が困難な方が対象です。
「サピエ」の登録や利用は無料ですが、パソコンや携帯電話等でインターネットを利用できる環境が必要です。
会員登録や利用については、当センターにお問い合わせください。

蔵書数

蔵書数(平成29年(2017年)3月31日現在)

  • 点字図書:3,897タイトル(19,192冊)
  • 録音図書 デイジー図書(CD図書) :5,751タイトル(5,772枚)
  • 拡大図書:381タイトル(3,413冊)

※平成29年3月31日をもって、当センターで製作したテープ図書の貸出しは終了しました。現在は他館からの取寄せによる貸出しのみを行っています。

※点字図書館では、本の数をタイトル数で表します。通常の本(墨字本)の1冊を点字やカセットテープにすると、最低でも5~6冊の分冊になるため、通常の本の冊数をタイトルといい、分冊に当たるものを冊で数えています。

※拡大図書は、札幌市中央図書館(札幌市中央区南22条西13丁目1番1号)で閲覧及び貸出しを行っています。
詳しくは、札幌市中央図書館(電話011-512-7320)にお問い合わせください。

図書案内

プライベートサービス

お手持ちの本や活字の資料を点訳、音訳、拡大するサービスです。
サービスは無料ですが、製作に必要な点字用紙やCDなどはお持ちいただきます。
なお、すでに録音図書(オーディオブックなど)として市販されている著作物については、音訳製作ができません。
また、すでに点字出版されている点字図書についても、点訳製作ができませんので、ご了承下さい。
詳しくは、当センターにお問い合わせください。

対面朗読サービス

お手持ちの図書や資料をその場で読むサービスです。
来館可能な視覚障がい者の方であれば、どなたでも利用できます。
事前に申込みが必要ですので、当センターにお問い合わせください。

点字図書館を支えているボランティア

点字図書や、録音図書の製作には、多くのボランティアの方々が携わっています。また、これらの図書の製作には多くの工程と時間が必要です。当センターでは、5つのボランティア団体、総計約260名の方が活動し、点字図書館の事業を支えています。

  • 点訳奉仕「むつの会」:点字図書を製作しています。
  • 札幌朗読奉仕会:録音図書(デイジー版)の製作をしています。
  • 拡大写本グループ「かわずの会」:弱視者のための大きな文字の図書を製作しています。
  • 発送ボランティア「にれの会」:札幌市の録音版広報や録音版雑誌の発送作業をしています。
  • 点字ラベルの会「あかり」:点字図書・デイジー図書に、書籍名や著者名などの情報を点字ラベルにしてつけています。

ボランティア活動の詳しい情報は「点字図書館ボランティア」のページをご覧ください。

ボランティアの募集・養成について

当センターでは、各ボランティアを養成するための講習会を必要に応じて実施しています。
募集を行う時期や内容については、「広報さっぽろ」および当センターホームページで随時ご案内しています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部視聴覚障がい者情報センター

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目1

電話番号:011-631-6747

ファクス番号:011-631-6751