ホーム > 防災・防犯・消防 > 防犯・安全 > 地域防犯 > 札幌市の取り組み > 札幌市子ども110番の家支援事業

ここから本文です。

更新日:2019年1月10日

札幌市子ども110番の家支援事業

「札幌市子ども110番の家支援事業」について

 札幌市内の各地域では、小学校PTAやスクールゾーン実行委員会、町内会やまちづくり協議会など、多くの市民が「子ども110番の家」の取組を行っています。

 札幌市では、平成28年2月から、地域の実施団体が行う「子ども110番の家」の取組を支援する、「札幌市子ども110番の家支援事業(以下、『支援事業』といいます。)」を行っています。

「子ども110番の家」とは

  • 子どもが登下校時などに、「不審者からの声かけ、痴漢、つきまとい行為」等の被害を受けて身の危険を感じたときに、避難場所として駆け込み、一時的に保護して警察に110番通報するための場所、とされています。
  • 「子ども110番の家」には、目印として「子ども110番の家・SOS」などと表示したステッカーやプレートを掲示しています。

「実施団体」とは

  • 小学校PTAやスクールゾーン実行委員会、町内会やまちづくり協議会など地域で「子ども110番の家」の取組を行っている団体です。

支援事業への申込

  • 支援事業では、実施団体単位で札幌市に登録することとしておりますので、団体単位で申し込みを行ってください(個人では申込みできません)。
  • 支援事業への申込みを希望する実施団体は、最寄りのまちづくりセンターへ、「札幌市子ども110番の家支援事業実施団体申請書(様式1)」 及び「子ども110番の家登録者名簿(様式4)」を提出してください。 登録された実施団体には、「札幌市子ども110番の家支援事業実施団体登録通知書(様式3)」をお送りします。

支援メニュー

 支援事業に登録された実施団体は、下記の支援を受けることができます。

  1. 対応の手引き・ステッカーの配布
  2. 見舞金補償制度の実施
  3. 実施団体の区域ごとの「子ども110番の家」登録者マップの配布
  4. 講演会、研修会などの開催

 

ページの先頭へ戻る

1. 対応の手引き・ステッカーの配布 

 登録実施団体には、対応の手引きとステッカーを配布します。ステッカーは2つのタイプを用意していますので、実施団体でどちらかを選ぶことができます。

  支援事業開始以前から取組を行っている実施団体が、独自に作成した表示ステッカーやプレートについては、継続して使用することもできます。

 【子ども110番の家対応の手引き】 【子ども110番の家ステッカー】

 子ども110番の家対応の手引き ステッカー(赤) ステッカー(ほくとくん)

 (Aタイプ、サイズH260mm×W200mm) (Bタイプ、サイズH300mm×W90mm)

 

 配布数

  • 「子ども110番の家登録者名簿(様式4)」に掲載された登録者数分 を上限として配布します。
  • 年度ごとの更新時には、新規登録数分を配布します。

 受け取りの流れ

  • 対応の手引き・表示ステッカーは、まちづくりセンターでお渡しします。各登録者への配布は、実施団体において行ってください。
  • 名簿登録者個人に対し、札幌市が直接郵送することはできません。

 

ページの先頭へ戻る

2. 見舞金補償制度 

 子どもの避難に伴い、登録者等が物的・人的損害を受けた場合、被害に遭われた登録者等に対して、札幌市が要綱に基づいて見舞金をお支払いする制度です。

補償対象者

  • 「子ども110番の家登録者名簿(様式4)」に掲載された登録者
  • 個人単位での加入はできません(実施団体単位)。

補償制度適用事故及び適用除外

 札幌市「子ども110番の家見舞金補償制度」実施要綱(PDF:1,562KB)をご覧ください。

補償期間

  • 毎年10月1日から翌年9月30日までの期間
  • 継続して見舞金補償制度の登録を希望する実施団体は、毎年度「子ども110番の家登録者名簿(様式4)」などの関係書類を提出していただきます。提出時期は、毎年度、札幌市からお知らせいたします。
  • 毎年度の募集期間経過後の登録などの場合には、次の補償期間からの適用となる可能性があります。

見舞金の内容

死亡見舞金   1名につき  1,000万円
後遺障害見舞金 重度  1名につき  1,000万円
中度  1名につき  300万円 
軽度  1名につき  30万円
入院見舞金   1名につき  5万円
通院見舞金   1名につき  1万円
建築損害見舞金   1軒につき  3万円
建築損害見舞金(収容物)   1軒につき  3万円

 

ページの先頭へ戻る

3.「子ども110番の家」登録者マップの配布 

子ども110番の家支援事業に登録された方のうちマップに掲載することが可能な登録者について、実施団体の地域ごとにマップにして配布します。実施団体ごとの登録者マップは、今後の防犯活動の広報、登録者募集、イベントなどで活用していただけます。

関係要綱

書類様式

  • 札幌市子ども110番の家支援事業実施団体申請書(様式1) ※記載例あり 

  様式1(PDF:168KB) 様式1(ワード:70KB)

  • 子ども110番の家登録者名簿(様式4) ※記載例あり  

  様式4(PDF:54KB) 様式4(エクセル:102KB)

  • 「子ども110番の家」(登録・取消)申請書(様式5) ※記載例あり  

 様式5(PDF:61KB) 様式5(ワード:48KB)  

  • 避難状況報告書(様式6)※記載例あり  

  様式6(PDF:54KB) 様式6 (ワード:63KB)

個人情報保護について

  • 札幌市が実施団体を通じて得た登録者に関する個人情報(氏名・住所・電話番号)は、札幌市個人情報保護条例の規程等に基づき、適切に管理・運用します。

 

 

ページの先頭へ戻る


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局地域振興部区政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2252

ファクス番号:011-218-5156