ホーム > 教育・文化・スポーツ > 郷土史と文化財 > 博物館活動センター > 教材(貸出標本)の利用について

ここから本文です。

更新日:2019年3月14日

教材(貸出標本)の利用について

札幌市博物館活動センターでは、札幌の自然・環境、動植物について
テーマ別に楽しく学習できる貸し出しセット「ミュージアム・BOX」を用意しています。

教材(貸出標本)の紹介

借用方法

注意事項

 教材(貸出標本)の紹介

貸し出しセット「ミュージアム・BOX」は、5種類用意しています。

●テーマ1「動物の成長を比べてみよう」
●テーマ2「花に来る虫をしらべてみよう」
●テーマ3「札幌で見られる木の実~身の運ばれ方~」
●藻岩山・円山「水辺の生き物を観察しよう」
●藻岩山・円山「哺乳類の痕跡を観察しよう」

透明な樹脂(プラスティック)の中に実物標本が入っています。
専門的知識がなくても活用できる内容になっていますので、
授業や観察会プログラムに合わせて、自由にアレンジしてください。

この教材のポイント

  • 教えるポイントがまとまった、解説シートが一緒に入っています。
  • 標本を手に持って、360度どこからでも観察できます。
  • 標本を壊す心配がありません。(子どもも安心して触れられます。※標本の角にはご注意ください。)
  • 季節や天気を問わず、実物標本を観察できます。(雨にぬれても大丈夫です。)
  • 軽くて持ち運びやすいソフトケース(カバン)に収納されています。 

 借用方法

借用を希望される場合は、下記の手順にて連絡・書類の提出をお願いします。

  1. 札幌市博物館活動センターまで、以下の情報をご連絡ください。
    ・借用者の氏名及び連絡先
    ・借用したい資料及び教材の名称
    ・借用希望期間(1日~最大2週間)
  2. 【借用希望日の2週間前まで】下記書類を提出ください。
    「借用申出書」 ※押印が必要です。
    借用申出書(ワード:14KB)
    借用申出書(PDF:59KB)
    「団体等の概要」 ※学校や図書館、自治体など公的機関は提出は不要
  3. 【借用当日まで】下記書類を提出ください。
    「借用書」 ※借用書に不備があった場合、貸出しできない場合もございます。
    借用書(ワード:15KB)
    借用書(PDF:77KB)
  4. 【返却日まで】借用者自身で資料点数、破損の有無を確認してください。
  5. 【返却日当日】職員が資料の状態を確認し、返却完了です。

【連絡先】
札幌市博物館活動センター
電話:011-374-5002(祝日・年末年始を除く火曜~土曜、9時~17時)
Eメール:museum@city.sapporo.jp

 注意事項

借用を希望される場合は、必ず下記の注意事項をご確認ください。

  • 教材が貸出中の場合もありますので、事前に電話でご確認ください。
  • 借用は無料です。ただし、標本を紛失・破損した場合には実費を負担いただく場合があります。
  • 貸出期間は1日~最大2週間(貸出日・返却日を含む)とさせていただきます。
    ※授業・研修などで長期間使用したい場合には別途ご相談ください。
  • 壊れやすい資料もありますので、運搬時・利用時はご注意ください。
    梱包材は借用者自身でご用意ください。
  • 受取・返却は、博物館活動センターの開館日に直接お越しください。
  • 紛失や破損、盗難などが起きた場合には、借用者自身が直ちに博物館活動センターまでご連絡ください。
    ※イベント出展時に起きた事象であっても、イベント主催者ではなく、借用者本人がご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市博物館活動センター

〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6

電話番号:011-374-5002

ファクス番号:011-374-5014