ここから本文です。

更新日:2013年10月29日

家具の固定等安全対策

 大型の家具や電化製品などは、固定していないと思わぬ凶器になります。
 火災防止とともに忘れてはならないのが転倒・落下防止対策です。
 ふだんから家具などはしっかり固定しておきましょう。

タンス等の家具を固定する

 直接柱に固定するか、壁の中の柱に固定する。
 いずれの場合も、家具との間に遊びができないように注意する。

タンス等の家具を固定する

本棚の本を固定する

 棚ごとにひもで本を固定する。

本棚の本を固定する

照明器具を固定する

 天井から3カ所、針金などでつる。

照明器具を固定する

人形ケースなどを固定する

 壁面に金具を取り付け、ひもで止める。

人形ケースなどを固定する

エアコンを固定する

 大きめの金具でしっかりと固定する。

エアコンを固定する

食器・食器棚を固定する

 扉に金具を付ける。
 ガラス飛散防止フィルムを張る。
 食器が飛び出さないようサンで固定する。
 食器の下に柔らかい敷物をひく。

食器・食器棚を固定する

安全空間の確保

 地震の揺れで、家の中の家具が倒れたり、ガラスが割れたりして、多くの人がけがをしています。
 「寝室には家具を置かない。」のが一番ですが、無理な場合でも、倒れづらい低い家具を置いたり、家具が倒れても安全なスペースをつくるなどの工夫もしてみましょう。

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理対策室危機管理対策部危機管理対策課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115