ここから本文です。

更新日:2016年5月25日

大通交流拠点のまちづくり

大通交流拠点は、都心の骨格構造を形成する駅前通と大通公園の交差部に位置しており、魅力スポットのネットワークの中心に位置していることから、都心部のまちづくりを先導する重要拠点と位置づけており、人々の意識の中に印象づけられる象徴的な空間をつくることとしています。

大通交流拠点では、人びとの多様な交流を支援し、都心内の中心性を象徴的に表現する「サッポロ広場」の形成を目指し、周辺の民間事業者と協働で策定した大通交流拠点まちづくりガイドライン及びパブリックコメントを実施のうえ策定した大通交流拠点地下広場整備基本計画に基づき検討を進めています。

大通交流拠点地下広場整備事業は、平成25年8月より南北線大通駅コンコースを中心に工事が進められており、平成27年2月に新たな地下空間に吹き抜け階段と行政サービス施設がオープンします。詳細につきましては、市長記者会見資料をご覧ください。

  • 大通交流拠点の整備を進めるうえでの基本的な枠組みです。

 

  • 大通交流拠点の中心的な施設である地下広場の整備について、その考え方と内容を取りまとめた計画です。

 

  • 平成27年1月26日に行われた市長記者会見で、報道機関向けに配布した資料です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都心まちづくり推進室都心まちづくり課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011‐211‐2692

ファクス番号:011‐218‐5112