ここから本文です。

更新日:2011年10月11日

各種保険・年金の手続き

1.雇用保険の手続き

雇用保険の受給条件

「失業」とは、離職者が「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず、職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」事を言います。したがって、次のような状態にあるときは失業給付を受けることはできません。

病気やケガのためすぐには動けない人。

妊娠、出産、育児、家族の介護ですぐには動けない人。

定年などで退職してしばらく休養しようと考えている人

結婚して家事に専念し、すぐには働くことができない人。

会社の役員に就任する人。

手続きに必要なもの

雇用保険被保険者離職票

雇用保険被保険者証

住所及び年齢を確認できる官公署発行書類(住民票、運転免許証、国民健康保険被保険者証等)

写真(縦3cm×横2.5cmの正面上半身のもの)2枚

印鑑

本人名義の普通預金通帳(郵便局は除く)

手続き場所

お住まいの区の管轄ハローワークで手続きできます。

お住まいの区管轄ハローワーク

南区・中央区・西区・手稲区

ハローワーク札幌

白石区・厚別区・清田区・豊平区・北広島市

ハローワーク札幌東

北区・東区・石狩市・当別町・厚田村

ハローワーク札幌北

雇用保険関係取扱時間

月曜日~金曜日8時30分~17時

(祝日、年末年始を除く)

※なお、受給期間は離職した翌日から起算して原則1年以内となり、この期間内に所定給付日数の範囲内で支給されますので、基本手当の受給を希望される方はすみやかに手続きされることをお勧めします。(ハローワーク札幌圏)

このページの先頭へ

リンク:『離職された方のために』のトップページへ

2.医療保険の手続き

任意継続の保険料は退職時の倍額になり、上限の一定額を超えることはありません(健康保険の種類によって異なります)。

一方、国民健康保険の保険料は前年所得で計算し、上限も任意継続の保険料より高いため任意継続の保険料を上回る場合があります。また、退職後の収入が無い場合などは、退職した最初の年は任意継続の方が安く、翌年4月からは国民健康保険の方が安い場合もあります。

なお、解雇、倒産等により離職した方に対しては保険料の減額制度(平成22年4月施行)がありますので、この減額制度に該当する場合は、任意継続の保険料を下回る場合が多いと考えられます。

保険料については,健康保険は各社会保険事務所又は健康保険組合、国民健康保険は各区役所保険年金課で確認できますので、どちらがよいか保険料を確認してから決めるのがよいでしょう。
※任意継続は、健康保険の種類によって保険料等が異なりますので、詳しくは加入している健康保険の事務所にお問い合わせください。なお、退職から20日以内に手続きしないと任意継続ができなくなる健康保険が多いようですので、ご注意ください。

■国保の手続き

職場の健康保険などに加入していない場合は加入手続きが必要です。国保は世帯単位での加入となります。世帯主の方は、資格喪失後14日以内に手続きをして下さい。

手続きに必要なもの

預金(貯金)通帳

通帳使用印

勤務先の健康保険脱退証明書

保険証(世帯員追加の場合)

手続き場所

お住まいの区役所保険年金課

(各所在地の案内ページにリンクします)

中央区

北区

東区

白石区

厚別区

豊平区

清田区

南区

西区

手稲区

※保険料の支払いが困難な場合

所得の大幅な減少などの事情で保険料を納めることが困難なときは、一定の基準により保険料が減免となる場合があります。詳しくは区役所保険年金課にご相談ください。

札幌市国民健康保険ホームページ(保険料)

■任意継続被保険者の手続き

資格喪失日から20日以内に健康保険任意継続被保険者資格取得申請書を保険者(健康保険組合または住所地の年金事務所)に提出します。認められると、健康保険被保険者証が交付され、資格喪失日にさかのぼって任意継続被保険者の資格を取得することになります。

詳しくは各社会保険事務所へ(年金事務所窓口一覧)

※加入保険の変更があった場合、医療費助成を受けている方は区役所保健福祉課福祉助成係窓口にお寄り下さい。

乳幼児医療費助成

ひとり親家庭等医療費助成

老人医療費助成

重度心身障害者医療費助成

医療助成については札幌市医療助成のページ

このページの先頭へ

リンク:『離職された方のために』のトップページへ

3.国民年金の切り替え

離職した方は、第2号被保険者の被扶養配偶者である第3号被保険者になる以外、第1号被保険者になります。したがって、管轄の区役所保険年金課に届け出ることが必要です。

手続きに必要なもの

年金手帳

印鑑

離職年月日のわかるもの(例:離職票など)

※添付すべきものは、原則上記のものになります。ただし、保険料の支払いが困難な場合、保険料の納付免除(全額、半額)・猶予(学生納付特例、若年者納付猶予)制度が該当になったり、離職に伴って市外から転居してきた場合など、事情により添付書類が異なります。詳細は住民票の住所地を管轄する区役所にお問い合わせ下さい。

手続き場所

お住まいの区役所保険年金課

(各所在地の案内ページにリンクします)

中央区

北区

東区

白石区

厚別区

豊平区

清田区

南区

西区

手稲区

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済局雇用推進部雇用推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2278

ファクス番号:011-218-5130