ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

一般競争入札による売払いの概要

一般競争入札とは、最低売却価格以上で最高額を入札した者を落札者とし、契約の相手とする方法です。
以下の概要を把握いただき、お申し込みになる前は売払物件情報に掲載する物件の右端「申込方法」から各物件の募集要領をご確認ください。

 購入の流れ

一般競争入札により購入する場合の流れは以下のとおりです。

1募集案内書を読む

2物件を見に行く

3申込書類を準備する

4申込書を提出する

5入札保証金を納める

6入札に参加する

7契約をする

8現地の立会いをする

9売買代金等を納める

10登記済関係書類を受領する

 1募集要領の確認

まず、各物件の募集要領をご確認いただきます。
当ホームページでご覧いただく場合は、「売払物件情報」の各一覧にある「申込方法」からご確認ください。
募集案内書(冊子)で確認する場合は、次の方法で募集案内書を入手してください。

  1. 財政局管財部の窓口で直接もらう。
  2. 当ホームページのメニュー「募集案内-募集案内書庫」からダウンロードする。

2物件を見に行く

各物件の位置図などを参考に物件を実際見てください。
募集案内書の「物件説明書」は、情報公開する前の情報ですので、万が一現状に差異がある場合は、現状が優先されます。
現地には、黄色の売地看板が設置してありますので、それを目印に確認してください。

リンク:購入の流れの先頭へ

3申込書類を準備する

ご希望の物件が見つかりましたら、申し込みに必要な書類を準備してください。
個人で申し込む場合と法人で申し込む場合とで、添付書類が異なりますので、ご注意ください。
また、共有で申し込みされる場合は、全員の添付書類が必要になります。ただし、個人で申し込む場合に、同一世帯の方を共有者とする場合は、住民票は世帯全員のもの1通のみでも申し込み可能です。

個人の場合

  1. 住民票1通(「本籍」が記載されたもの)
  2. 印鑑登録証明書1通

法人の場合

  1. 登記事項全部証明書(履歴または現在事項のいずれか)1通
  2. 印鑑証明書1通
  3. 役員名簿1通

4申込書を提出する

各申込書と添付書類を次の方法で申込先まで提出してください。

  1. 直接持参
  2. 郵送

申込先

〒060-8611
札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市財政局管財部管財課利活用担当係(事務室は、本庁舎14階南側にあります。)

リンク:購入の流れの先頭へ

5入札保証金を納める

入札に参加する物件の入札保証金を、申込み後札幌市がお渡しする納付書により、札幌市が指定する金融機関へ納めてください。
指定金融機関等はこちらを参照してください。

6入札に参加する

指定された日時場所に行き、入札をします。
当日は、入札保証金を納めているかどうか、代理人の場合委任状を持ってきているかなどを受付窓口を設置して確認いたします。
指定された時間よりも10分程度余裕を持って会場にご来場ください。

リンク:購入の流れの先頭へ

 7-1契約をする(面積が15,000平方メートル未満の場合)

落札された方は、落札日から10営業日以内に契約を締結しなければなりません。
契約には、次の必要な書類等をお持ちの上、財政局管財部管財課までご来場いただきます。

  1. 印鑑(申込時に押した印鑑)
  2. 個人は身分証明書(市区町村の戸籍窓口発行)を提出
  3. 収入印紙(売買代金に応じた額)金額はこちらを参照してください。
  4. 代理人は落札者が作成した委任状

注意事項

札者の方が契約する日時を決めたときは、あらかじめその日時をお電話でご連絡ください。他の契約者と重なるなどして20分~30分お待ちいただくこともございますので、そうならないよう調整しご案内差し上げます。

7-2契約をする(面積が15,000平方メートル以上の場合)

※最低売却価格が8,000万円以上で面積が15,000平方メートル以上の土地を処分する場合は議会の議決を経なければなりません。

落札された方は、札幌市が指定する日までに議会で処分議案が可決された場合に契約を締結する旨の確認書を取り交わさなければなりません。
議会で可決された場合、議決から7日以内に契約しなければなりません。
契約には、次の必要な書類等をお持ちのうえ、財政局管財部管財課までご来場いただきます。

  1. 印鑑(申込時に押した印鑑)
  2. 個人は身分証明書(市区町村の戸籍窓口発行)を提出
  3. 収入印紙(売買代金に応じた額)金額はこちらを参照してください。
  4. 代理人は落札者が作成した委任状

注意事項

  1. 議会で否決されたときは、物件を売買(契約)することはできません。その場合、入札保証金は返還いたします。
  2. 既に議決されており、変更がない場合など、議案の提出が不要の場合は、「7-1契約をする(面積が15,000平方メートル未満の場合)」と同様の取り扱いとなります。
  3. 落札者の方が契約する日時を決めたときは、あらかじめその日時をお電話でご連絡ください。他の契約者と重なるなどして20分~30分お待ちいただくこともございますので、そうならないよう調整しご案内差し上げます。

8現地の立会いをする

契約後、所有権が移転する売買代金納入日までの間に、契約時の物件内容の確認を含め双方で現地立会いをさせていただきます。冬期(降雪期)は現地を確認できない場合もございますので、その場合は立会いについて別途協議いたします。

注意事項

売買代金を支払うときにご自分で現地を確認されたり、その他事由で特に双方の立会いを必要としていない方は、これを省略することもできますが、所有権移転後に契約時の確認内容と異なる点を申し出ても、札幌市は応じることができない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

リンク:購入の流れの先頭へ

9売買代金等を支払う

契約締結日から21営業日以内に売買代金(契約保証金を除いた残額)を札幌市が発行する納入通知書で、札幌市が指定する金融機関へ一括で納めていただきます。指定金融機関等はこちらを参照してください。
また、契約時に登記手続きに必要な登録免許税の納付書もお渡ししますので、売買代金と同時に納めてください。
売買代金を納めたら次のものを提出してください。

  1. 売買代金の領収書(写し)
  2. 登録免許税の領収証書(原本)
  3. 物件引受確認書

札幌市が所有権移転の登記を嘱託で行い、登記済関係書類が出来次第契約者へご連絡を差し上げます。

注意事項

  1. 万が一納入期限までに納められない事由が生じた場合は、申し出により延納が認められる場合もございますので、その際はできるだけお早めにご相談ください。
    正当な理由なく納期が来ても納めない場合は、契約条項により契約を解除いたしますので、ご注意ください。
  2. 登録免許税は、札幌市が所有権移転の登記をする際に領収証書を申請書類に添付して提出するものになりますので、納めない限り所有権移転登記の手続きがなされませんので、ご注意ください。
    なお、実質所有権は売買代金が完納されたときから移転しておりますので、未登記でも固定資産税やその他公租公課は、契約者本人に課せられます。
  3. 物件の隠れた瑕疵について札幌市は担保責任を負いませんのでご注意ください。ただし、物件を買い受けた方が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第1項に定める消費者である場合は、引渡しの日から2年間は協議に応じるものとします。

10登記済関係書類を受領する

「登記済関係書類受領書」を持参の上、財政局管財部管財課までお越しください。

リンク:購入の流れの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

札幌市財政局管財部管財課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎14階

電話番号:011-211-2222

ファクス番号:011-218-5146