ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療機関・薬事関係業者の許可・届出・通知 > 感染性胃腸炎等院内感染報告(医療機関向け)

ここから本文です。

更新日:2018年4月23日

感染性胃腸炎等院内感染報告(医療機関向け)

報告書の様式及び記載要領等

札幌市では、市内医療機関の院内感染状況を把握し、各医療機関に情報を還元することにより、院内感染防止に向けた対策を支援することを目的に、感染性胃腸炎等の院内発生状況の報告をお願いしております。院内感染が疑われた場合には、以下の様式での報告をお願いいたします。

感染性胃腸炎等院内発生状況報告書様式集(エクセル:94KB)

※院内感染が疑われる場合は、様式1及び2での報告を、終息時には様式3での報告をお願いします。詳細は以下の「報告要領」を御確認ください。

報告要領(PDF:87KB)

感染性胃腸炎・多剤耐性緑膿菌の院内感染に関する啓発資料です。院内感染防止にお役立てください。

感染性胃腸炎の備えはできていますか?多剤耐性緑膿菌のこと見直してみませんか?(PDF・856KB)

札幌市内の感染性胃腸炎等(疑)院内感染の報告状況

● 2017年度の報告状況(2018年3月末現在)

流行シーズン中は、特に手洗い等の基本的な標準予防策を徹底しましょう。
ただし、流行シーズン以外の時期であっても院内感染が発生しています。
流行シーズンに関わらず、感染への意識を高く持つことが院内感染防止に重要です。

【感染性胃腸炎(疑)院内感染報告件数】

初発日

4月

5月 6月 7月 8月 9月

10月

11月 12月 1月 2月 3月
報告数

0

0

1

0

0

0

0

0

1

1

0

2

【インフルエンザ(疑)院内感染報告件数】

初発日

4月

5月 6月 7月 8月 9月

10月

11月 12月 1月 2月 3月
報告数

0

2

1

0

0

0

0

0

1

7

10

3

※以下のような報告が見られますので、標準予防策等の感染防止対策を院内で周知・徹底願います。
  ・無症候患者からの伝播が疑われる例
  ・流行シーズン外れのため、ワクチンの効果切れや物品の準備不足があり、感染拡大につながったとみられる例
  ・他施設から転院してきた患者が感染源になったと疑われる例

 

【参考情報】
札幌市衛生研究所ホームページ
国立感染症研究所ホームページ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所医療政策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5162

ファクス番号:011-622-5168