ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

還付金詐欺にご注意ください

「還付金があるのでATMに行ってください」と電話が来たら、詐欺です!

最近、電話で区役所や社会保険事務所などの行政機関の職員を名乗り、医療費や保険料の“還付手続き”のため金融機関等のATMに誘導する事例があるとの情報が寄せられています。

もし、医療費や保険料の“還付手続き”に関する電話がかかってきましたら、以下の点に注意して、お住まいの区の区役所保険年金課などで事実を確認し、必要に応じて110番通報するなどしてください。

札幌市からの医療費や保険料の還付手続き

  • 事前の申請や通知があり、必ず書類で行います。

       → 突然、電話があってお金を返すことは絶対にありません。

  • ATM操作をお願いすることは絶対にありません。

       → その場でお金をお支払いすることはありません。

詐欺手口の電話での特徴

  • 「区役所保険課」「年金事務局」「社会保険事務局」と、実在しない組織名を名乗る。

       → 実際にあるかのような組織名を出して、何とか信用させようとしてきます。

       → 国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療制度の保険料に関する事務は、区役所の

         「保険年金課」が行っています。

       → 「協会けんぽ」の医療給付の業務は、「協会けんぽ」が行っています。

       → 年金業務は、「年金事務所」が行っています。

  • 金融機関等のATMに行くよう指示する。
  • 実際には書類を送っていないのに、「事前に、書類を送付した」と言う。
  • 「医療費が戻るが、手続きの期限が過ぎたので、早く手続きしてほしい」と手続きを急がせる。

あやしいと思ったら

  • 相手の名前や所属、用件を聞いて、メモをとる。
  • まずは、各区役所保険年金課などに電話をかけ、事実を確認する。

       → 電話の相手の教えてくれた電話番号は、別のところに繋がる可能性があります。

  • 事実でないと判明した時には、110番通報してください。

還付金詐欺の被害防止啓発ポスターを作成しました。

還付金詐欺被害防止啓発ポスター(PDF:846KB)

  • ご自宅の電話機の前に貼るなどご活用いただき、被害に遭わないよう十分ご注意ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2944  内線:2944

ファクス番号:011-218-5182