ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

ダイオキシン類測定結果

下水汚泥焼却施設

排ガスの測定結果

西部スラッジセンター

(単位:ng-TEQ/Nm3

試料採取日 1号炉 2号炉 3号炉 4号炉 5号炉

平成21年度

0.000010 0.000071 0.00015 0.000072 0.000032

平成22年度

0.000036 0.000000060 0.00029 0.00011 0.00045

平成23年度

0.0078 0.00000016 0.0013 0.0063 0.00015

平成24年度

0.000042 0.00000031 0.0000011 0.00000026 0.00000015

平成25年度

0.0000036 0.0000039 0.0000067 0.0000011 0.00000099

平成26年度

0.00021 0.00000096 0.0000043 0.0000033 0.0000045

平成27年度

0.00000039 0 0.00052 0.0000023 0.0000016

平成28年度

0 0 0.00046 0 0

平成29年度

0.000031 0 0 0 0

平成30年度

0 0 0 0 0

基準値

5

1

 

東部スラッジセンター

(単位:ng-TEQ/Nm3

試料採取日 1号炉 2号炉

平成21年度

0.0027 0.000027

平成22年度

0.0000010 0.00050~0.18※

平成23年度

0.0000010 0.0000012

平成24年度

0.00097 0.00000024~0.00024

平成25年度

0.0012~0.0078 0.000014~0,0057

平成26年度

0.00012~0.0011 0.0015~0.0031

平成27年度

0.000062 0.00000099

平成28年度

0 0

平成29年度

0.00011 0

平成30年度

0 0.00000054

基準値

0.1

※平成22年9月24日に実施した自主測定において、排ガス中のダイオキシン類濃度が基準を超過しましたが、その後、設備等に異常がないことを確認するとともに監視の強化を図った上で、運転を再開しております。

今後もより一層安全な運転に努めてまいります。

 

お問合せ先
 下水道河川局事業推進部処理施設課 (札幌市豊平区豊平6条3丁目2-1 下水道河川局庁舎4階)
 電話 011-818-3431