ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 衛生研究所 > 札幌市における主な感染症の発生動向 > 性感染症定点把握の感染症(定点あたり報告数)

ここから本文です。

更新日:2017年10月16日

性感染症定点把握の感染症(定点あたり報告数)

14の性感染症定点医療機関から毎月報告される性器クラミジア感染症・性器ヘルペスウイルス感染症・尖圭コンジローマ・淋菌感染症の定点あたりの患者報告数のグラフです。性感染症定点把握の患者報告数は、リンク先をご覧ください。

最新月:2017年9月

性器クラミジア感染症

クラミジア・トラコマティス菌による感染症です。性感染症定点医療機関から毎月報告される性感染症の中では、最も患者報告数が多い疾患です。患者報告数

性器ヘルペスウイルス感染症

単純ヘルペスウイルス1型または2型による感染症です。患者報告の約80%が女性です。
患者報告数

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによる感染症です。性感染症定点医療機関から毎月報告される性感染症の中では、最も患者報告数が少ない疾患です。
患者報告数

淋菌感染症

淋菌による感染症です。性感染症定点あたりの患者報告数は、2以下のことが多い状況です。
患者報告数


このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073