ここから本文です。

更新日:2021年6月24日

トガリネズミに関する調査及び研究について

トガリ1

トガリネズミ

トガリネズミは温帯から寒帯の森林や草原にすんでいる小型の哺乳類で、体重は1.5~20gほど。北海道には4種(オオアシトガリネズミ、ヒメトガリネズミ、エゾトガリネズミ、トウキョウトガリネズミ)が生息しています。トガリネズミは名前に「ネズミ」がついておりますが、モグラに近い種類です。

姿を見かけることが稀なトガリネズミは、私たちの身近な所にも生息していますが、繁殖や行動、生態学的なことなど、ほとんど分かっていません。

そのため、これらの生態等を解明することは、身近な動物の生物多様性の保全につながるものと考えています。

このたび、かねてからトガリネズミの研究を続けてきた北海道大学とコウモリ等の生態学的な研究を進めてきた東海大学と共同で、トガリネズミに関する調査・研究を行うことになりました。

すでに非公開施設のザリガニ小屋内で飼育を開始しておりますが、共同研究機関と連携しながら、さまざまな科学的知見を集積し、飼育技術の向上や繁殖技術の確立を目指していきます。

また、トガリネズミの保全に向けた取組を来園者の皆様へお伝えするため、生体を展示することも今後検討していきたいと考えています。

【研究内容】

(1)トガリネズミ類の繁殖の解明

(2)トガリネズミ類の飼育技術の向上と人工繁殖技術の確立

(3)トガリネズミ類の行動・生理学的研究

トガリ2

トガリ3

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428