• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 豊平区の紹介 > 豊平区の歴史

ここから本文です。

更新日:2022年12月23日

豊平区の歴史

あらまし

 安政4年(1857年)に行われた札幌越新道の開削。道の開通に伴い豊平川には渡し守が必要として、安政6年には、札幌市内で最初の本州からの居住者といわれる志村鉄一が永住し、通行屋の番人などを行いました。明治4年(1871年)には現在の岩手県などから多くの人が平岸や月寒に移住。平岸村、月寒村、豊平村の合併などを経て、41年に町制が施行され豊平町となりました。

 農業が盛んで、特にリンゴは明治時代から平岸を中心に栽培され、「平岸リンゴ」は昭和初期には海外に輸出されるほどでした。また、明治6年に開通した現在の国道36号に沿って商店や工場が立ち並び、にぎわいを見せました。

 豊平町は昭和36年に札幌市と合併。47年の区制施行により旧豊平町の地域は豊平区と南区になりました。その後、著しい人口増加などのため、平成9年に南東部が清田区として分区し、現在の豊平区の形となっています。

 

もっと知りたい!豊平区

札幌越新道の開削から現在までの主な出来事。

 

 

10地域の地名の由来を紹介しています。

 

各種テーマから歴史をたどります。

区内の文化遺産やシンボルを紹介しています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603