• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > サービス一覧 > 健康 > モリスの食育 > モリスからの食育事業のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2023年6月29日

モリスからの食育事業のお知らせ

各種栄養・食事相談

中央保健センターでは、各種栄養・食事相談を行っています。

お気軽にお電話ください(健康・子ども課健やか推進係:011-205-3352)。

離乳食・幼児食相談

離乳食のすすめ方、作り方、やわらかさや味付け、野菜が嫌い、量がわからない、便秘など。

妊婦さんの食事相談

食事の内容や量について、避けたほうがよい食材、鉄・カルシウムの摂取についてなど

大人・ご高齢の方の食事相談(病院で栄養相談を受けている方を除く)

減塩、野菜を多く、カルシウムや鉄の多い食事、コロナ太り解消、食べる量が減ってきた、痩せてきた、便秘、飲み込みづらいなど。

妊産婦栄養相談のご案内

妊産婦歯科健診と同日開催で、管理栄養士が食事のご相談に応じます。妊産婦歯科健診予約時にお申し出ください。歯科健診当日のご相談もお受けします。

妊娠中の食生活のポイントやレシピはこちらをご参考に!

・「妊婦さん向け献立1週間(妊娠中期~後期)」

離乳期講習会

離乳期講習会1は4~6か月の赤ちゃん対象「離乳初期~中期のすすめ方」、離乳期講習会2は7~10か月の赤ちゃん対象「離乳中期~後期のすすめ方」です。

令和5年度の年度の日程につきましては、チラシ離乳期講習会(PDF:188KB)をご覧ください。(予約制、先着8名です)

離乳食のポイントやメニューは、こちらをご参考に!

離乳初期(生後5~6か月頃)離乳食作りの基本テクニック

「どうしよう!?離乳食」離乳食の進め方【離乳初期(5~6か月)向け】/大人の食事から取分けよう【離乳中期・後期(7~11か月)向け】(動画)

年代別食育情報(離乳の進め方)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-8612 札幌市中央区大通西2丁目

電話番号:011-205-3352

ファクス番号:011-218-5600