ホーム > 市政情報 > 財政・市債・IR > 市債・IR > 市債についてよくあるご質問

ここから本文です。

更新日:2013年4月4日

市債についてよくあるご質問

Q1 市債について知りたいのですが

 札幌市債は、札幌市が発行する債券です。利子や満期時の元金は、札幌市が責任を持ってお支払いします。

 札幌市では、発行した市債の元金の償還に備え、毎年一定額を基金(減債基金)に積み立てています。

 市債を発行して借り入れる資金は、学校、道路、公園などの整備といった街づくりのための貴重な財源になっています。市債の所有者になるということは、投資家という立場で、市政に参画いただくことになります。

 市債の満期は、3年・5年・10年などがあり、利子は年2回支払われ、額面1万円から1万円単位でご購入いただけます。

 特に、「ライラック債・スズラン債」と呼ばれる3年満期の市債は、より多くの市民の皆さんの資金を行政に活かしていただくため、購入対象者を限定し、購入限度額を設けた市債です。

 発行時期、発行条件は、お問い合わせいただくか、発行計画のページをご覧ください。お問い合わせは、市役所 の企画調査課(011-211-2216)か、取扱金融機関へお願いします。

ページの先頭へ戻る

Q2 市債を購入できるのはどういう人ですか

 札幌市内にお住まいかお勤めの方、市内に事業所のある法人・団体等については、ライラック債、スズラン債、5年満期、10年満期の市債のいずれも購入可能です。

 それ以外の方は、5年満期、10年満期の市債のみをご購入いただけます。

 他にも20年満期などの市債がございますが、こちらは主に機関投資家の皆様向けとなっております。

ページの先頭へ戻る

Q3 市債の発行予定について

 詳しくは、お問い合わせいただくか、発行計画のページをご覧ください。お問い合わせは、市役所の企画調査課(011-211-2216)か、取扱金融機関へお願いします。

ページの先頭へ戻る

Q4 市債の発行条件(利率等)について教えてほしい

 市債の金利(表面利率)は、発行時に決定し、元金償還まで変わらない固定利率です。利子は、年2回に分けて支払います。たとえば表面利率が2%の場合は、1%ずつ2回に分けて支払うことになります。

 ただし、発行後、第1回目に支払う利子と元金償還時に支払う利子は、日割り計算になります。

 市債の発行条件は発行する都度、その時々の金利水準(国債の利回り等)などを参考に決定しています。通常は、発行予定の月の上旬に決定します。条件決定日は、発行予定月の約1ヶ月前に決まります。

 詳しくは、お問い合わせいただくか、発行計画のページをご覧ください。お問い合わせは、市役所の企画調査課(011-211-2216)か、取扱金融機関へお願いします。

 なお、最近の地方債の金利等については、財団法人地方債協会のホームページに掲載されています。(同ホームページは、一部に会員限定のページがあります。)

ページの先頭へ戻る

Q5 市債の購入単位・払込金額について

 購入は額面1万円から1万円単位ですることができます。

 払込金額(購入金額)については、市債の発行価格により決まります。発行価格が額面どおりでない場合は、額面と異なる金額となります。例えば、発行価格が額面100円当たり99円90銭に決まった市債について、額面100万円を購入するときは、99万9千円を払い込んでいただくことになります。この場合でも、満期時には額面金額の100万円が償還されます。

 なお、流通市場で購入する場合は、発行価格に関係なく、そのときの金利水準で払込金額(購入金額)が決まります。

 ※応募者利回り:上述の例で言えば、購入したときの1,000円の差額を残存年数で割り返すことで年利に換算し、購入価格99円90銭に対する投資収益率を表す利率のことです。

 計算式は以下のとおりです。

                           1年当たりの利息 +   額面 - 発行価格

 応募者利回り =                     残存年数      ×100

                          発行価格

ページの先頭へ戻る

Q6 市債の購入額の上限について

 ライラック債・スズラン債は、購入者を限定するとともに、上限を1,000万円までとさせていただいています。

 その他の市債については上限はありませんが、金融機関によっては上限を設けているところもありますし、また、販売額も限られているので、取扱金融機関に確認していただくのがよろしいかと思います。

ページの先頭へ戻る

Q7 市債の募集期間について

 市債の発行条件決定日(ライラック債・スズラン債は条件決定日の数日後)からおよそ1~2週間の期間で募集します。売り切れた場合の増額発行は基本的に行っておりません。発行条件は発行する都度決定しており、発行条件決定日は、市債を発行する月の約1ヶ月前に決まります。

 詳しくは、お問い合わせいただくか、発行計画のページをご覧ください。お問い合わせは、市役所の企画調査課(011-211-2216)か、取扱金融機関へお願いします。

ページの先頭へ戻る

Q8 市債の購入申込先(取扱金融機関)について

 個人の方が札幌市債を購入される場合、一般的には、次のものをご用意いただき、ご希望の取扱金融機関へお申し込みください。購入時に必要なものは、取扱金融機関によって異なることがありますので、あらかじめお問い合わせください。

  • 預金通帳
  • 印鑑(通帳のお届け印)
  • 運転免許証・健康保険証など身分を証明するもの

 購入代金の支払方法などは、取扱金融機関によって異なりますので、あらかじめご確認ください。また、申込の受付方法(窓口受付のみ/電話取引可能、先着順/抽選等)なども、取扱金融機関によって異なることがございますので、あらかじめご確認ください。

 また、取扱金融機関の中には、個人向け販売を行っていないところもありますので、取扱金融機関のページでご確認ください。

 なお、法人が札幌市債を購入される場合は、必要なものが異なりますので、あらかじめ取扱金融機関へご相談ください。

 ライラック債・スズラン債については、発行額が少ないため、取扱金融機関を限らせていただいています。

 国債と違い、郵便局では扱っていません。また、企画調査課やその他市役所・区役所の窓口では取り扱っていません。

ページの先頭へ戻る

Q9 市債を購入するときの手数料等について

 購入に対しての手数料はかかりませんが、取扱金融機関によっては振込手数料等がかかることがあります。詳しくは、取扱金融機関へお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る

Q10 市債のペーパーレス化について

 札幌市債は、平成18年1月発行分から、一般債振替制度によりペーパーレス化されています。詳しくは、取扱金融機関へお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る

Q11 市債の利子に対する非課税制度(マル優・特別マル優)について

 身体障害者手帳の交付を受けている方、母子家庭の方、遺族基礎年金や寡婦年金の支給を受けている方などは、利子に対する税がかからないマル優、特別マル優制度をご利用いただけますが、詳しい要件・手続等は取扱金融機関へお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

Q12 市債の利子に対する税金について

 利子に対しては、所得税(国税)が15%、住民税(地方税)が5%の合わせて20%に、復興特別所得税(0.315%)を付加した合計20.315%がかかります。これらは利子を受け取る際に源泉徴収されますので、後で確定申告を行う必要はありません。

ページの先頭へ戻る

Q13 市債を購入した後の途中解約・売却について

 債券は市場で売買される金融商品ですので、満期前でも売却し換金することができます。

 ただし、債券の価格は日々変動しており、購入時の価格と途中売却時の価格は異なることがあるため、売却益が生じることもあれば、逆に売却損が生じることもあります(満期までお持ちいただければ、額面どおりの元金が支払われます)。また、金融機関によっては、途中売却時には所定の費用がかかることがありますので、ご購入の際、窓口でよくご確認ください。

 なお、札幌市が直接買い取ることはしていません。

ページの先頭へ戻る

Q14 市債を購入した銀行・証券会社が破綻した場合の元金・利子の支払いについて

 市債というのは公共施設や道路の整備等のため、札幌市がお客さまからお金をお借りするものです。銀行・証券会社を通じてお買い求めいただいていますが、元金・利子のお支払いについては、札幌市が責任を持つものですので、全く心配することはありません。

 万が一、銀行・証券会社に破綻が生じた場合においても、当該銀行・証券会社の自己保有分のみが差し押さえの対象となることから、問題ありません。

ページの先頭へ戻る

Q15 札幌市の財政状況が悪くなったら、買った市債の元金・利子の支払いはどうなりますか

 市債の元利償還金は、現行の地方債制度においては、国が所要の財源を制度的(地方財政計画及び地方交付税基準額への加算など)に確保しております。また、公債費の財政負担の割合が一定以上の団体に対する早期是正措置として、起債を制限する協議(許可)制度や、実質赤字等が一定水準以上となった場合の財政再生制度など、元利償還の確実性を担保する仕組みが設けられています。

 このように、現行制度上は高い安全性が確保されており、財政状況の悪化により元利償還が滞る可能性は極めて低いと言えますが、これを安全な投資対象商品(元利償還が滞ることのない商品)として購入するかどうかは投資家の皆様のご判断によります。札幌市としても、財政状況が悪化することのないようこれからも努力を続けていきます。

ページの先頭へ戻る

Q16 札幌市が民間企業のように破産することはないのですか

 札幌市(地方公共団体)は、民間企業と異なり破産法の適用がなく、現行法制上は破産することはありません。

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市財政局財政部企画調査課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2216

ファクス番号:011-218-5147