• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 稲穂金山まちづくりセンター

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

稲穂金山まちづくりセンター

施設概要

所在地

〒006-0033

札幌市手稲区稲穂3条5丁目1-28(稲穂会館内)

電話 011-684-4020
FAX 011-684-0349
開所日時

月曜日~金曜日(年末年始、祝祭日を除く)

8時45分~17時15分

交通機関

JR稲穂駅下車 徒歩約7分

ジェイ・アール北海道バス「手稲営業所前駅」下車 徒歩約5分

周辺地図 周辺地図
 

 

 

市の保存樹木に指定されている夫婦松(稲穂)

市の保存樹木に指定されている夫婦松(稲穂)

手稲西小学校「鉱山の部屋」(金山)

手稲西小学校「鉱山の部屋」(金山)

 

新着情報

新着情報一覧を見る

 稲穂金山地区の紹介

稲穂

稲穂は、明治4年ころ最初の開拓者が入植したのが始まりです。開拓当時は、うっそうとした原始林が広がっていました。
手稲北部一帯は、泥炭湿地の不毛地帯でしたが稲穂だけは造田可能な地でした。それでも、手稲山から急勾配で流れる河川の犠牲となり、一夜で泥田と化したこともありました。
大正から昭和14、15年ころまでは、星置地区とともに大根の生産地として知られました。
もともと星置の一部であったこの地は、稲の穂がたわわに実ることを夢見て、開墾に全力を傾けた先祖の苦労をしのんで稲穂と名付けられました。こうした先人たちの足跡をたどって、今の稲穂の街並みを知り、将来を考える取り組みが、現在、稲穂の人たちによって行われています。

金山

金山は、「手稲鉱山」の繁栄とともに築かれたまちです。
この地は、もともと星置の一部でしたが、星置川で砂金が見つかったことなどから、金の山、きんざんと呼ばれるようになり、昭和17年の字名改正の時に正式に金山(かなやま)と名付けられました。
手稲鉱山は、明治24年に鳥谷部弥平治が偶然金鉱を発見し、昭和10年、三菱鉱業が本格的に金の採取を開始。
最盛期には、東洋一の選鉱場、鉱山ケーブル、滝の沢温泉(現在の手稲ロイヤル病院)、星置小学校(現在の手稲西小学校)、劇場などがあり、人口は8,000人以上もいたといわれ、そのにぎわいは鉱山が経営を縮小する昭和20年ころまで続きました。
手稲鉱山の歴史は、手稲西小学校の「鉱山の部屋」や星置川沿いの鉱道の入口跡、住宅の土台などで知ることができます。

ページの先頭へ戻る

 まちづくりセンター発行の情報誌「稲穂金山」

住民票、戸籍証明、印鑑証明の取り次ぎ

まちづくりセンターでは、住民票・印鑑登録・戸籍の証明書発行の取り次ぎ業務を行っています。

  • 住民票・印鑑証明の請求は電話での申し込みもできます。電話での申し込みは証明書の受け取りの際に請求書を記載していただきます。
  • 戸籍証明の請求の申し込みは来所のみ可能です。
  • 申込時間は、まちづくりセンター開所日の8時45分~16時45分です。
  • 証明書のお渡しは、申し込みの翌開所日以降の受け取りとなります。
  • 詳しくは、下記のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部稲穂金山まちづくりセンター

〒006-0033 札幌市手稲区稲穂3条5丁目1-28

電話番号:011-684-4020