市営交通 > 交通局の取組み > 交通局の財務状況・計画・取組み > 財務状況 > 平成31年度予算編成方針の概要

ここから本文です。

更新日:2018年10月15日

平成31年度予算編成方針の概要

平成31年度予算の基本的な考え方

交通局では、安全の確保、快適なお客さまサービスの提供、まちづくりへの貢献、経営力の強化の4つの経営方針に加え、人口構造・社会環境の変化を踏まえた時代に合った利用者サービスなどへの対応を、限られた資源の中で計画的に実現していく必要があります。

予算編成方針

わが国の現下の経済状況を概観すると、札幌市を含めて雇用・所得環境の改善が続くなか、景気は回復していくことが期待されているところです。ただし、先行きについては、海外経済の不確実性に留意する必要が指摘されています。

一方で、本市交通事業を取り巻く環境は、近年、乗車人員が堅調に推移しているものの、施設や設備の老朽化に伴い多額の改修費用が見込まれ、資金的に厳しい状況にあります。

そうした中、平成31年度は策定作業中の札幌市交通事業経営計画の開始年度であるとともに、1.安全の確保、2.快適なお客さまサービスの提供、3.まちづくりへの貢献、4.経営力の強化の札幌市交通局の4つの経営方針のもと、人口構造・社会環境の変化を踏まえた時代に合った利用者サービスへの対応を、限られた資源の中で計画的に実現していく必要があります。このため、職員一人ひとりの創意工夫により、局を挙げてこの取組を進めていかねばなりません。

これらを踏まえたうえで、平成31年度予算の編成は、将来を見据えた健全な財政運営を実現すべく、限られた財源の中、無駄を徹底して排除し、事業の優先順位を洗い直した上で、予算の重点化を行います。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部経営計画課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2720

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル