市営交通 > 交通局の取組み > 交通局の財務状況・計画・取組み > 財務状況 > 企業債の状況(高速電車)

ここから本文です。

更新日:2019年1月30日

企業債の状況(高速電車)

企業債年度末残高の推移

kousoku-kigyousaizanndakasuii

新線建設費の財源の8割以上を建設債により手当てしてきたことから、企業債の残高は開業以来増加を続け、平成10年度にはピークの5,170億円となりました。
その後は新線建設が行われていないことや経営改善の効果により、残高は年々減少していますが、平成29年度末時点で2773億円(平均利率1.69%)と依然として多額となっています。

 

建設債(緑色) 新線の建設や既存施設等の改良を対象とした企業債
特例債(ピンク色) 新線建設時に借り入れた建設債の利息負担を軽減する企業債
平準化債(黄色) 減価償却期間と企業債償還期間の差から生じる資金不足を補うための企業債
緩和債(水色) 資本費(利息)の負担から生じる資金不足を補うための企業債

 

企業債償還額の推移

kousoku-kigyousai

平成29年度の企業債の元金償還金と支払利息の合計は277億円(元金227億円、利息50億円)となっています。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部経営計画課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2720

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル