市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄・市電を安心して利用できるための取組み > 授乳ボックス(ミルポ)の設置について

ここから本文です。

更新日:2016年5月30日

授乳ボックス(ミルポ)の設置について

乳幼児を連れて地下鉄をご利用されるお客様を対象として、大通駅の改札内に簡易な授乳ボックスを設置しております。ミルポ

 

 設置場所(PDF:272KB)

授乳ボックスについて

設置場所:東豊線大通駅地下2階改札内連絡通路

利用時間:午前9時から午後7時まで

ブースサイズ:縦1.52m×横2.4m×高さ2.1mを2室、左右対称に配置

設置備品:授乳チェア、オムツ交換台、オムツペール、サイドテーブル、鏡、カーテン、電気ヒーター(冬季のみ)、駅事務室連絡用インターホンを設置しております。

愛称ミルポの理由

授乳ボックスの目的は、赤ちゃんへミルクを与える場所であることから、そのミルクを与える場所の意味を連想しやすい表現として「ミルク・ポイント」とし、より親しみやすい表現とするためそれぞれの頭文字を取り、また音の響きからも連想しやすい「ミルポ」としました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2742

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル