ここから本文です。

更新日:2013年7月19日

各コーナーの紹介

札幌市民防災センター内にある11のコーナーを紹介します。 

インフォメーションコーナー 

  • 受付カウンターで来館者カードを発行します。受付画像
  • わからないことがあるときは、受付カウンターの職員に聞いてください。
  • 電光掲示板やモニターで防火・防災に関する情報を調べることができます。
  • 札幌市消防局を紹介するビデオを見たり、消防の活動服を着ることができます。
  • スタンプコーナーには、記念スタンプを揃えています。

ボタンページのトップへ戻る

はしご車に乗ってみよう 

  • 実物のはしご車に乗ってみましょう。はしご車画像
  • サイレンを鳴らしたり、無線交信を聞くことができます。

 

 

 

 

ボタンページのトップへ戻る

防災シティ札幌 

  • 模型のヘリコプターを操縦して、札幌市の上空を飛んでみましょう。防災シティ札幌画像
  • モニターで札幌市の防火・防災に関する情報を調べることができます。

 

 

 

 

ボタンページのトップへ戻る

消防のしごと 

  • 消火・救急・救助など、消防のいろいろな仕事や活動服・資機材などを紹介しています。消防のしごと画像

 

 

 

 

 

ボタンページのトップへ戻る

防災グッズウィンドー 

  • 災害時の非常持ち出し品や自主防災資機材を紹介しています。防災グッズウィンドー画像

 

 

 

 

 

ボタンページのトップへ戻る

災害バーチャル体験コーナー 

  • 津波災害、土砂災害、都市型水害の3つの映像コンテンツを体験することができます。大画面による3D映像と光や風によるリアルな演出を通して、災害の本当の怖さを知り、注意すべきことは何かを学ぶことができます。

    災害バーチャル体験コーナー画像

ボタンページのトップへ戻る

暴風体験コーナー 

  • 迫力の3D映像と風速30mの組み合わせにより、災害現場にいるかのような臨場感を体験しながら、暴風災害の危険性や対処方法を学ぶことができます。風速10m、20m、30mの中から、選択できます。(年齢や身長等により風速を制限させていただく場合があります。)

暴風体験コーナー画像

ボタンページのトップへ戻る

地震体験コーナー 

  • 東日本大震災や高層の建物で起きる長周期地震動のほか、札幌想定地震や子ども向け地震などのオリジナルの地震体験ができます。窓の外には、発災地の風景が広がり、仮想番組が放映されているテレビやスマートフォンからは、緊急地震速報が流れます。地震の発生とともに、窓の外の風景が変化し、停電状態になるなど、緊張感のある演出により災害の恐怖を実感することができます。地震体験終了後には、テレビから、地震の特長や対策方法などの説明が流れ、防災について学ぶことができます。

地震体験コーナー画像

ボタンページのトップへ戻る

消火体験コーナー 

  • スクリーンに映し出された火災の映像に対して、実際に消火器などを使って消火の体験をすることができます。消火体験コーナー画像

 

 

 

 

 

ボタンページのトップへ戻る

煙避難体験コーナー 

  • 煙を充満させた2階建ての建物内で、煙の中からの避難行動を体験することができます。煙避難体験コーナー画像

 

 

 

 

 

ボタンページのトップへ戻る

救急体験コーナー 

  • 訓練用の人形を使って、心肺蘇生を体験することができます。

救急体験コーナー画像

ボタンページのトップへ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市民防災センター

〒003-0023札幌市白石区南郷通6丁目北

電話番号:011-861-1211