ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

札幌市立高校教育改革方針

札幌市教育委員会では、平成29年3月、札幌市立高校の今後の教育の在り方など、市立高校における教育改革の方向性を具体的に示す、「札幌市立高校教育改革方針」を策定しました。

方針策定の背景・趣旨

市民ニーズへの対応

生徒の能力や適性、障がいなどにより必要となる特別な支援など、多様化するニーズに対応する必要があります。

急速な社会情勢の変化と中学校卒業者数の減少

少子化に伴う生産年齢人口の急減やグローバル化の進展など変化の激しい社会を生きていく力を育成する必要があります。また、市内の中学校卒業者数は年々減少し、北海道教育委員会と協調し、市立高校の学校規模の適正化を図る必要があります。

国の動向(学習指導要領の改訂など)

現在、国は、高校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革や次期学習指導要領の改訂の議論において、「主体的・対話的で深い学び」、いわゆるアクティブ・ラーニングの視点と、「何ができるようになるか」「何を学ぶか」「どのように学ぶか」という視点から、抜本的に教育の改善を図ることとしています。

策定の趣旨

このような背景を踏まえ、幼児期、義務教育段階での学びを基盤として、市立高校において、生涯をたくましく生きていく力を育成するために、教育内容の充実・発展を図るとともに、少子化に伴う高校進学者数の減少期における市立高校の在り方を示すことを目的として策定したものです。

方針の構成と計画期間

本方針は、今後10年間を見据えた基本理念を示す「札幌市立高校教育改革ビジョン」【計画期間:平成29~38年度】と、5年間で取り組む施策・事業を示す「札幌市立高校教育改革実行プラン(第1期・第2期)」【計画期間:(第1期)平成29~33年度、(第2期)平成34~38年度】で構成します。

札幌市立高校教育改革方針の内容

札幌市立高校教育改革方針策定までの検討

札幌市立高校教育改革方針の策定にあたっては、有識者や教員、保護者や市立高校の卒業生などで構成する「札幌市立高等学校教育改革方針検討会議」を設置し、方針に関する意見交換を行い、その意見などを踏まえ、方針を策定します。

札幌市立高等学校教育改革方針検討会議の検討内容を見る

パブリックコメント手続

札幌市立高校教育改革方針(案)について、市民の皆さまからのご意見を募集しました。

パブリックコメントでお寄せいただいたご意見を参考に、当初案を一部変更しました。いただいたご意見の概要とそれに対する教育委員会の考え方については、「札幌市立高校教育改革方針(案)に対する市民意見の概要と札幌市の考え方について」に掲載しております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育推進課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3851

ファクス番号:011-211-3852