ホーム > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモート > 広報 > 広報印刷物等制作時にかかる色の配慮について

ここから本文です。

更新日:2016年2月18日

広報印刷物等制作時にかかる色の配慮について

札幌市ではこれまでも、すべての人に分かりやすい「ウェブアクセシビリティ」に基づいたホームページや、点字版・音声版の広報さっぽろの作成、札幌で生活や観光をする上で必要な情報に関する多言語版のホームページの開設など年齢や身体的な状況、国籍などを問わず、誰にでも分かりやすい情報提供を行うことに努めてきたところです。

今回新たに、人によって色の感じ方が異なることに配慮し、情報を正しく伝えるための指針として「広報に関する色のガイドライン」を作成しました。

このガイドラインでは広報印刷物などを作成する際に、できるだけ多くの人に見やすく分かりやすい情報を提供するためには、使用する色についてどのようなことに気をつけたらよいのかなど、「カラーユニバーサルデザイン」についてまとめています。

「誰もが安心して暮らし生涯現役として輝き続ける街」を実現するため、札幌市が率先して「カラーユニバーサルデザイン」に対応していくことで、オール札幌での取り組みに広がっていくことを願っています。

広報に関する色のガイドライン

広報に関する色のガイドライン

広報に関する色のガイドライン
内容 ページ数
表紙・目次・はしがき(PDF:945KB) -
本文(PDF:4,860KB) 1~16ページ
本文(資料編)(PDF:3,278KB) 17~22ページ
あとがき・裏表紙(PDF:615KB) -

カラーユニバーサルデザインとは

色覚の個人差を問わず、より多くの人に利用しやすい製品・施設・環境・サービス・情報を提供するという考え方を「カラーユニバーサルデザイン」といいます。
カラーユニバーサルデザインで最も大切なことは、誰にでも分かりやすい色の使うことですが、下記3つのポイントに配慮することにより、多くの人に情報が正確に伝わるようになります。

  1. できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ
  2. 色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする
  3. 色の名前を用いたコミュニケーションを可能にする

より多くの人が「使いやすい」「分かりやすい」と感じる、もの・環境・サービスを設計(デザイン)しようという「ユニバーサルデザイン」は、色使いに関しても同様です。カラーユニバーサルデザインは「色を使って表現してはいけない」「色使いを限定する」ものではなく、情報を効率よく正確に伝えるためのものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部広報課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2036

ファクス番号:011-218-5161