ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子ども向け事業 > 子どもの体験活動事業 > 少年リーダー養成研修/さっぽろ夢大陸「大志塾」事業

ここから本文です。

更新日:2017年5月2日

少年リーダー養成研修/さっぽろ夢大陸「大志塾」事業

kidsg1札幌市では、子どもたちがさまざまな体験を通じて、主体的に考え、参加し、行動することにより、達成感や充実感、仲間との連帯感を感じながら、大きく成長することができるよう、体験活動機会の充実に努めています。

平成29年度参加者募集中!

現在、以下の事業の参加者を募集しています。

 少年リーダー養成研修について

少年リーダー養成研修では、集団活動で必要な基本的な知識や技術等を学びます。子ども同士の活動の中心となるような少年少女を育成するため、その年代にあった研修プログラムを用意しています。

【少年リーダー養成研修の参加者募集!!】

相手を思いやり、自ら考え、自ら動き、自分の意見を自分の言葉で伝える少年少女を育てます。

  • 募集対象

   市内に住む小学校5年生から高校生まで

  • 活動期間

   基本研修:年4、5回程度(うち1回は青少年キャンプ場での宿泊研修あり)

   実践研修:年複数回

  • 費用 kidsb1

   実費程度

  • 問い合わせ・申し込み先

   公益社団法人札幌市子ども会育成連合会(電話:011-211-3015/FAX:011-272-3016)

   〒060-0051 札幌市中央区南1条東2丁目大通バスセンタービル2号館2階

少年リーダー養成研修の「基本研修」について

子どもの地域活動等の中心としてふさわしい資質を持った少年リーダーとなるよう、必要な知識及び技術の習得を目的に実施しています。

研修名

参加対象

研修期間

会場

少年リーダー養成研修

小学5年生から

2年間(年4回程度)

市内各所

少年リーダー初級研修

中学1年生から

(少年リーダー養成研修修了者)

2年間(年4回程度)

市内各所

少年リーダー中級研修

中学2年生から

(少年リーダー初級研修修了者)

2年間(年4回程度)

市内各所

少年リーダー上級研修

高校1年生から

(少年リーダー中級研修修了者)

2年間(年5回程度)

市内各所

※少年リーダー初級研修については、習得度により1年間で修了することもあります。
事業に関するお問い合わせは、公益社団法人札幌市子ども会育成連合会(電話011-211-3015)まで。

 少年リーダー養成研修の「実践研修」について

実践研修は、基礎研修で学んだ知識や技術を生かし、地域のさまざまな事業の企画・運営に関わりながら経験を積むことで研修効果を高めることを目的にしています。(年複数回)

<例えば>
青少年キャンプ場でのレクリエーション支援など
・さっぽろ夢大陸「大志塾」事業でのチームリーダーとして運営に関わるなど
・地域の夏祭りで、催しを企画し、地域の子どもたちとともに運営するなど

こうした取り組みにより、子どもたちの多様な体験活動機会の充実を図るとともに、地域の方々や研修に参加していない多くの子どもたちにもその研修効果を還元しています。

ページの先頭へ戻る

 さっぽろ夢大陸「大志塾」事業について

kidsb2さっぽろ夢大陸「大志塾」事業は、子どもたちの体験を広げ、豊かな創造性を育むことを目的に実施しており、校区や学年にとらわれず、自ら考え、互いに相談・協力しながら準備を進め、自分たちの「やってみたいこと」に挑戦する事業です。

この事業は、少年リーダー実践研修のひとつにも位置づけられているため、少年リーダー研修生が企画・運営に携わっています。

【平成29年度の参加者募集は、好評のうち終了いたしました。】

子どもたちの「やってみたい」を実現します!

  • 参加対象

   市内に住む小学校1年生から小学校6年生まで(定員200名)

  • 活動期間

   年6回程度(うち1回は西岡青少年キャンプ場での宿泊研修あり)

   5月13日(土曜日)、6月10日(土曜日)、7月1日(土曜日)、7月15日(土曜日)、8月5日~6(土日)、8月26日(土曜日)

  • 活動場所

   大志塾広場(サッポロさとらんど隣接)、西岡青少年キャンプ場

  • 費用

   5,000円程度(キャンプ時費用別途)

  • 問い合わせ先 kidsg2

   公益社団法人札幌市子ども会育成連合会(電話:011-211-3015/FAX:011-272-3016)

   〒060-0051 札幌市中央区南1条東2丁目大通バスセンタービル2号館2階

   Eメール:taisijyuku.sakkoren@gmail.com

主な活動内容(写真は平成28年度の様子)

「子ども村づくり」をテーマとし、子ども村には何が必要か話し合い、農業、木工や調理など役割を決めて活動します。こうした体験活動を通じて、創造力や好奇心を育むとともに、仲間との共同作業や、失敗や成功の体験などから多くのことを学びます。

《例えば》

○畑を作り野菜を育てる ○活動場所の看板を作る ○活動内容を伝える新聞を作る ○ブランコなど遊具を作る

○花壇を作る ○電気を灯すため風力発電に挑戦する ○採れた野菜を調理して収穫祭を行う などなど

畑作業製作子ども村新聞池作りバランストンボ平均台風力発電の実験ミサンガ作り調理子ども村まつり収穫作業修了式

事業に関するお問い合わせは、公益社団法人札幌市子ども会育成連合会(電話011-211-3015)まで。

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943