ここから本文です。

更新日:2020年12月1日

歩道除雪

降り積もった歩道部の雪を車道側に積み上げる作業を『歩道除雪』といいます。

作業方法

歩道の路面に降り積もった雪を車道と歩道の境に積み上げます。

小型ロータリで車道側の路側部に積み上げます。

通常、交通量の少ない深夜から通勤・通学時間までの間に作業をします。

除雪前の歩道

歩道除雪前の状況

小型ロータリによる歩道除雪
小型ロータリによる歩道除雪

除雪後の歩道
歩道除雪後の状況

対象道路

機械で作業が可能な有効幅員2m以上の歩道で、かつ、除雪した雪を積んでおくだけの余裕幅がある道路を対象としており、そのうち、JR・地下鉄駅や公共施設周辺など歩行者が多い区間を除雪します。
→道路種別毎の除雪水準(PDFデータ内P.47,48,51)

01

出動基準

車道の『新雪除雪』と同様に、10cm以上の雪が降った場合を目安に作業します。

ほぼ連続した降雪で、雪の深さが10cmを超えており、除雪作業が必要と予想されるとき。

交通量が多くて、圧雪による交通障害の発生が予想される場合。

風雪や地吹雪で、吹きだまりの発生が予想される場合。

※雪の深さが10cmを超えている場合でも、すっかり踏み固まっているときや、気温が高く雪がすぐに溶けそうなときには作業を行いません。
※明け方から急に雪が降りだした場合などは、除雪が間に合わないことや、通勤・通学の時間帯に重なり交通混雑や事故が心配されるときは作業を見合わせます。

その他

一部、幅員が狭く歩道除雪が入れない道路では、歩行者が多い場合、車道側を通常より広く除雪することで、歩行者が通行しやすくなるよう対応する場合もあります。冬期間は車と歩行者が譲り合いながら道路を利用するようご協力をお願いします。

【イメージ図】

02


関連ページ

道路種別毎の除雪水準(PDFデータ内P.47,48,51)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141