ここから本文です。

更新日:2014年1月22日

札幌の農業のあゆみ

札幌の農業のあゆみ
年代 できごと
慶応2年 大友亀太郎「御手作場」(幕府の直営農場)を開き、大友堀(後の創成川)を掘る

明治2年

3~4年

 

 

6年

7年

 

 


 


 

 

9年

 

15~16年
19年
34年

開拓使が設置され、島判官が札幌本府建設に着手
札幌、苗穂、丘珠、円山、月寒、篠路、平岸、白石、手稲などを開拓
アメリカ農務長官ケプロンらを迎え入れたことにより農業技術が飛躍的に発展
タマネギの種子をアメリカより輸入し試作を開始
リンゴ、ナシ、ブドウなどの苗木をアメリカより輸入
屯田兵制度制定、札幌官園で牛、馬、羊などを飼育

クラーク博士の像イメージ

札幌農学校開校、教頭としてクラークが着任
「酪農の父」エドウィン・ダン札幌官園に着任
バッタ多量発生、大干ばつ
札幌に北海道庁設置
北海道農業試験場設置(北18条)

大正5年
7年
9年
11年

手稲区山口地区でスイカ栽培開始
開道50年記念北海道博覧会開催
戦争成金景気の反動で農産物価格大暴落、農村の不況

札幌に市制施行

昭和1~10年


13年
21年
24年
27年
39年
44年
45年
47年


49年
52年
60年
61年
63年

冷害、病虫害の大発生
畑作から園芸農業への転換進行
農地委員会発足(現農業委員会)
自作農創設特別措置法公布(農地改革)
札幌玉ねぎ販売農業協同組合連合会(札玉販連)設立
農地法公布
札幌市農業センター開設
農業振興地域の整備に関する法律公布
米の生産調整始まる
札幌冬季オリンピック開催
政令指定都市へ移行
札幌農業振興地域整備計画策定
実験農場開設
酪農団地造成開始
花と緑の博覧会開催
札幌市農業基本計画策定
本市育成イチゴ「サトホロ」種苗登録、生産開始

 

 

 

 

 

 

平成7年


8年
10年


13年
17年

24年

サッポロさとらんどイメージ
「サッポロさとらんど」開設
札幌市農業支援センター開設
新札幌市農業基本計画策定
「さっぽろとれたてっこ」販売開始
市内5農協合併
市民農業講座「さっぽろ農学校」開講
さっぽろ都市農業ビジョン策定

さっぽろ都市農業ビジョンの今後の重点的取組策定

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局農政部農政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2406

ファクス番号:011-218-5132