ホーム > 市政情報 > 都市計画 > 郊外住宅地のまちづくり > その他の地域 > 自衛隊札幌病院の跡地に係る基本的な考え方について

ここから本文です。

更新日:2019年5月22日

自衛隊札幌病院の跡地に係る基本的な考え方について

本市豊平区平岸1条11丁目他に位置する国有地は、平成27年3月に自衛隊札幌病院が南区真駒内駐屯地へ移転したことを受けて、所有する国により民間事業者へ売却される予定となっています。

本市では、既成市街地に位置する当該地が有効に活用されることを目指して、平成30年4月に「自衛隊札幌病院の跡地に係る基本的な考え方」を地方公共団体の立場から整理し、処分方法等についてこれまで国と協議を行ってきました。

このたび、国において二段階一般競争入札により処分する方針が示され、「基本的な考え方」の実現に向けた状況が整ったことから、以下のとおり掲載いたします。

※当該地の処分に関する国の方針や二段階一般競争入札の制度概要、今後のスケジュール等の詳細については、北海道財務局のホームページ<国有財産北海道地方審議会の開催結果>をご覧ください。

対象地の概要

所在地:豊平区平岸1条11丁目他
面積:48,496.06m2
用途地域(建ぺい率・容積率):第一種住居地域(60%・200%)、準住居地域(60%・200%)

自衛隊札幌病院の跡地に係る基本的な考え方

自衛隊札幌病院の跡地に係る基本的な考え方(PDF:1,885KB)

今後について

所有する国において、二段階一般競争入札により手続きが進められる予定です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都市計画部都市計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

札幌市まちづくり政策局都市計画部地域計画課
電話番号:011-211-2545
ファクス番号:011-218-5113