ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 環境教育 > 計画・方針・事業 > 環境教育に関する校外学習用バスの貸出

ここから本文です。

更新日:2019年4月8日

環境教育に関する校外学習用バスの貸出

札幌市環境局では、平成19年度より市立の小中学校を対象に、環境に関する体験学習の場を提供することを目的として、環境関連施設等の見学用バスの無料貸し出しを行っています。
環境教育の推進のため、市内の清掃工場やごみ処理施設、上下水道などに関する学習を支援しています。

これまでの実績

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度

利用校数

46校

34校

50校

59校

52校

49校

バス利用台数

94台

76台

99台

125台

110台

98台

 

環境教育に関する校外学習モデルコース

学校での校外学習の参考となる環境関連施設での学習モデルコースを、「環境関連施設の連携強化のためのプロジェクト会議」において作成しました。

◆環境教育に関する校外学習モデルコース(PDF:278KB)

平成30年度バス利用校の紹介(一部)

白石清掃工場、リサイクル団地の見学(北区の小学校)

平成30年度バス貸出事業(小学校)の様子

リサイクル団地、白石清掃工場で、ごみの処理工程を実際に見学できたことで、ごみ処理が生活にとって欠かせない事業であることを実感できました。多くの子どもたちが、「もっとごみを減らさなければいけない」、「正しく分別することが大事だ」ということを学習していました。

石狩LNG基地、リサイクル工場の見学(手稲区の中学校)

平成30年度バス貸出事業(中学校)の様子

LNG(液化天然ガス)基地の見学により、家庭で使われている燃料には、多数の種類があり、その中でも天然ガスは二酸化炭素の排出を抑制できるという面から、今後期待されている資源であることを知ることができました。

ごみのリサイクルに関する工場見学では、工場内の自動車を解体し、分別する工程を見学しました。再利用や再生利用のためにいろいろな工夫や作業があることを学び、再生された商品を使うことや、ごみを減らすことの大切さを学びました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2877

ファクス番号:011-218-5108