ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 環境教育 > 計画・方針・事業 > 環境教育に関する校外学習用バスの貸出

ここから本文です。

更新日:2018年3月23日

環境教育に関する校外学習用バスの貸出

札幌市環境局では、平成19年度より市立の小中学校を対象に、環境に関する体験学習の場を提供することを目的として、環境関連施設等の見学用バスの無料貸し出しを行っています。
環境教育の推進のため、市内の清掃工場やごみ処理施設、上下水道などに関する学習を支援しています。

これまでの実績

  平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度

利用校数

61校

46校

34校

50校

59校

52校

バス利用台数

133台

94台

76台

99台

125台

110台

 

環境教育に関する校外学習モデルコース

学校での校外学習の参考となる環境関連施設での学習モデルコースを、「環境関連施設の連携強化のためのプロジェクト会議」において作成しました。

◆環境教育に関する校外学習モデルコース(PDF:279KB)

平成29年度バス利用校の紹介(一部)

白石清掃工場の見学(豊平区の小学校)

月寒小学校の見学の様子

〇〇小学校の4年生は白石清掃工場を見学し、自分たちの出したごみがどのように処理されるのかを学びました。焼却炉に入れたときに安定して燃えるように工夫していること、燃え残りはアスファルトやレンガなどにも再利用されていること、燃やしたときに発生した蒸気で発電をしていることなど、教科書だけでは学べないごみ処理の工夫を学ぶことができました。

青少年科学館の見学(中央区の中学校)

宮の森中学校の見学の様子

〇〇中学校の3年生は青少年科学館にて、環境問題に関わる展示物を見学しました。また、エネルギー問題について学習するため、水力発電などについても学習し、環境問題とエネルギー問題の関わりについて考えました。科学館で学習することで、生徒の思考の中でそれぞれの問題を結び付けることができました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2877

ファクス番号:011-218-5108