ここから本文です。

更新日:2018年11月22日

香りのエチケットについて

柔軟剤や香水などの香りの感じ方は人それぞれです。

洋服についたこれらの香りは、自分にとって心地よくても「せきがとまらない」「頭痛や吐き気がする」など体調が悪くなる方もいることを認識しましょう。

柔軟剤や香水、制汗剤などに含まれる化学物質は、アレルギー症状のほか、ごくわずかな量でも、せきや頭痛、吐き気などの症状を引き起こすと言われております。(いわゆる「化学物質過敏症」)

「香りのエチケット」ポスター

札幌市では「香りのエチケット」について、多くの市民の皆さまに知っていただきたく、ポスターを作成しました。市の施設に限らず、民間の施設や店舗などにおいても、管理者さまのご判断でダウンロードのうえ、ご活用ください。

知っていますか?香りのエチケット(PDF:444KB)

「香りのエチケット」ポスター

※市の施設用に印刷したA2版のポスターについて、予備分として若干在庫がございます。施設や店舗で掲示するにあたり必要な方は、保健福祉局保健所生活環境課までご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311