ここから本文です。

更新日:2016年1月28日

歯周疾患検診事業

さっぽろ市歯周病検診を受けましょう

歯周病(歯周疾患)は、40歳を過ぎると歯を失う原因の第1位です。歯周病を予防して、生涯、自分の歯と口の健康を守り、8020(ハチマルニイマル)を目指しましょう。

対象

職場等で実施する歯科健診を受ける機会がない、市内に居住する満40歳・50歳・60歳・70歳の方(検診当日の満年齢)

内容

問診・口腔内診査

費用

500円

検診費用の一部をご負担いただきますが、生活保護世帯・市民税非課税世帯・支援給付世帯に属する方、70歳の方は、証明書類の提示で500円が免除になります。

費用が免除される方

証明書類

満70歳の方

健康保険証など、年齢の確認できるもの

市民税非課税世帯に属する方

市・道民税証明書

生活保護世帯に属する方

生活保護受給証明書

支援給付世帯に属する方

本人確認書

各税事務所、区役所で「さっぽろ市歯周病検診」に使用する旨を申し出てください。無料で発行されます。

実施場所

◆市内の指定歯科医療機関

中央区北区東区白石区厚別区豊平区清田区南区西区手稲区

◆直接、歯科医療機関へお申込みください。

歯科医療機関によっては診療時間や休診日が異なり、予約が必要な場合があります。事前に電話などで確認してください。

受診方法

住所・氏名・年齢のわかる、健康保険証や運転免許証などをお持ちください

留意事項

◆独自に検診料金を設定している場合があります。

各歯科医療機関のサービスで独自に行っている検査・検診料金が設定されている場合があります。必ず「札幌市の」歯周病検診を受診したい旨を申し出てから、受診してください。

◆さらに詳しい検査が必要になる場合があります。

歯科医師の判断により、札幌市の検診内容に加えてさらに詳しい検査が必要になる場合があります。この場合、別途検査料金が発生することになりますので、受診した医療機関とよくご相談ください。

受診可能期間・回数

対象年齢になった日から1年間のうちに1回

≪例≫

  • 40歳の方:40歳の誕生日から41歳の誕生日の前日まで
  • 50歳の方:50歳の誕生日から51歳の誕生日の前日まで
  • 60歳の方:60歳の誕生日から61歳の誕生日の前日まで
  • 70歳の方:70歳の誕生日から71歳の誕生日の前日まで

受診可能期間は、誕生日が基準です。誕生日を過ぎてから(もしくは過ぎる前に)お受けください。

受診券について

◆平成27年10月30日から発送を開始しました

新たな取り組みですので、平成27年4月以降に対象年齢となる方から順次郵送しますが、発送準備のために、一部、誕生日を過ぎてから届く方がいらっしゃいます。

◆紛失等での再発行はいたしません。

クーポン券や無料券ではありませんので、再発行はいたしません。受診券が無くても、対象年齢であることが確認できれば「さっぽろ市歯周病検診」はご利用いただけます。

◆受診券は医療機関が回収します。

受診券では生年月日が確認できませんので、健康保険証等、生年月日、住所、氏名のわかるものをお持ちください。

8020とは

「80歳になっても自分の歯を20本以上保ちましょう」という運動です。平成元年、厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が提唱し、自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。

もしも失ってしまっても、義歯で機能を回復したり残った歯を大切にして、生涯、自分の歯と口の機能を守りましょう。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221