ここから本文です。

更新日:2016年11月11日

妊婦健診(妊婦健康診査)

妊娠中はふだんより一層健康に気をつけなければなりません。

妊婦健診を定期的に受診し、医師や助産師等のアドバイスを受けましょう。

Q.どうして妊婦健診を受けるの?

A.妊婦健診は妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するために行うものです。

体力や健康に自信があったとしても過信してはいけません。妊娠期間中を心身ともに健康に過ごし、無事に出産を迎えるために妊婦健診を活用しましょう。

Q.いつ、何回くらい受ければいいの?

A.お腹の赤ちゃんの成長や妊婦さんの妊娠による変化を定期的に確認することが大切です。

妊婦さんが受診することが望ましい健診回数は次の通りです。

◇妊娠初期~妊娠23週まで

◇妊娠24週~妊娠35週まで

◇妊娠36週~出産まで

4週間に1回

2週間に1回

週1回

 

Q.どんな検査をするの?

A.妊婦健診で行われる代表的な検査と内容は次のとおりです。

検査名 内 容
尿検査・血圧測定 血圧の上昇、尿たんぱくや尿糖の有無を確認します。
体重測定 前回までの体重と比較して、体格に応じた適度な体重増加であるかどうかを確認します。
腹囲・子宮底長測定 子宮が妊娠週数に応じて大きくなっているかどうかを確認します。
血液検査 血液型 ABO血液型とRh血液型を調べます。
血算 貧血や血小板減少などを確認します。
血糖 妊娠糖尿病の有無を調べます。
風疹ウイルス抗体 風疹に対する抗体の有無を調べます。
HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス-1型)抗体 HTLV-1に対する抗体の有無を調べます。
不規則抗体検査 不規則抗体の有無を調べます。
その他の感染症検査 B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒などの感染の有無を調べます。
超音波検査(エコー検査) お腹の上や、膣内から超音波をあてて、胎児の様子をみます。
性器クラミジア・B型溶血性レンサ球菌 膣内の粘液を綿棒で取り、感染の有無を調べます。
子宮頸がん検診 子宮頸部のがん細胞の有無を調べます。

 

Q.費用はかかるの?

A.札幌市では、妊婦さんの健康管理のために受診することが望ましい健診回数・項目について公費負担を実施しています。

病院で妊娠届出書を書いてもらい、お住まいの区の保健センターで母子健康手帳と一緒に「妊婦一般健康診査受診票」をお受け取りください。

※妊婦健診費用の一部公費負担については、こちら

Q.里帰り分娩のときは?

A.「妊婦一般健康診査受診票」は、札幌市外の医療機関では使用できません。

医療機関で一旦全額をお支払いいただき、出産後に償還払いを申請していただくことになります。償還払いには、医療機関の領収書が必要ですので、紛失しないようにご注意ください。妊娠・出産に関するご相談は、里帰り先の市町村でも可能です。

各区の保健センター

その他、妊娠・出産についてのご相談は、各区の保健センターでお受けしていますので気軽にご相談ください(相談は無料です)。

名称 住所 電話番号
中央保健センター 札幌市中央区南3条西11丁目 011-511-7221
北保健センター 札幌市北区北25条西6丁目 011-757-1181
東保健センター 札幌市東区北10条東7丁目 011-711-3211
白石保健センター 札幌市白石区南郷通1丁目南8 011-862-1881
厚別保健センター 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目 011-895-1881
豊平保健センター 札幌市豊平区平岸6条10丁目 011-822-2400(代)
清田保健センター 札幌市清田区平岡1条1丁目 011-889-2400(代)
南保健センター 札幌市南区真駒内幸町1丁目 011-581-5211
西保健センター 札幌市西区琴似2条7丁目 011-621-4241
手稲保健センター 札幌市手稲区前田1条11丁目 011-681-1211

お問い合わせ先

札幌市保健所健康企画課
札幌市中央区大通西19丁目WEST193階
電話011-622-5151

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221