ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 衛生研究所 > 札幌市における主な感染症の発生動向 > 急性出血性結膜炎(定点あたり報告数、各区別報告数)

ここから本文です。

更新日:2017年10月13日

急性出血性結膜炎(定点あたり報告数、各区別報告数)

最新週:第40週(10月2日~10月8日)

急性出血性結膜炎は、主としてエンテロウイルス70型とコクサッキーウイルスA24型の変異株を原因とする眼の痛み・眼瞼の腫脹・結膜の出血を主症状とする流行性の結膜炎です。両ウイルスとも、ヒトからヒトへ、直接接触伝播します。近年は散発的な報告があるに過ぎません。患者報告数

12の眼科定点医療機関から報告された患者数は以下のファイルをご覧ください。

2012年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2013年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2014年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2015年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2016年:PDF(PDF:156KB)CSV(CSV:2KB)

2017年:PDF(PDF:144KB)CSV(CSV:2KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073