ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 衛生研究所 > 札幌市における主な感染症の発生動向 > 伝染性紅斑(定点あたり報告数、各区別報告数)

ここから本文です。

更新日:2017年12月15日

伝染性紅斑(定点あたり報告数、各区別報告数)

最新週:第49週(12月4日~12月10日)

伝染性紅斑は、感染から10~20日後に、頬に蝶翼状の紅斑が出現することを特徴とする流行性発疹性疾患で、ヒトパルボウイルスB19の感染により発症します。主な感染経路は、気道からウイルスを取り込むことで、ウイルスは赤芽球前駆細胞などに感染し、骨髄中で増殖します。ウイルス排出期には、軽い発熱などの症状が認められることもありますが、無症状の場合もあります。発疹が出現する時期には、免疫機能が正常な場合、ほとんど感染力がありません。一度感染すると、終生免疫を獲得すると考えられています。報告される患者の年齢は5歳が最も多く、3歳から7歳までで報告の3分の2を占めています。病気の詳細と妊婦の方が感染した際のリスクに関しては、リンク先の感染症研究所からの情報をご覧ください。また、不安がある場合は、主治医にご相談ください。

 

患者報告数

37の小児科定点医療機関から報告された患者数は以下のファイルをご覧ください。

2012年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2013年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2014年:PDF(PDF:157KB)CSV(CSV:2KB)

2015年:PDF(PDF:158KB)CSV(CSV:2KB)

2016年:PDF(PDF:156KB)CSV(CSV:2KB)

2017年:PDF(PDF:153KB)CSV(CSV:2KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073