ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 衛生研究所 > 札幌市における主な感染症の発生動向 > インフルエンザ(定点あたり報告数、各区別報告数)

ここから本文です。

更新日:2016年9月29日

インフルエンザ(定点あたり報告数、各区別報告数)

最新週:第38週(9月19日~9月25日

インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染により発症する感染症で、38℃以上の発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛など全身の症状が突然現れます。併せて、のどの痛み・鼻汁・咳などの症状もみられます。主な感染経路は、患者の咳やつばなどの飛沫により放出されたウイルスを吸い込むこと(飛沫感染)や、ウイルスが付着した手で、口や鼻を触れること(接触感染)です。外出後の手洗いとうがいの励行・室内の適度な湿度の保持と換気・十分な睡眠と栄養摂取・流行拡大前のワクチン接種など行うことにより、感染の予防を心がけましょう。なお、ご高齢や基礎疾患等罹患されている場合には、人混みへの外出を控えることも大切です。また、インフルエンザ様症状がある場合は、周りの方へうつさないために、マスクの着用や咳エチケットを心がけましょう。インフルエンザの感染予防等についての詳細は、リンク先の厚生労働省掲載のインフルエンザQ&Aをご覧ください。

患者報告数

56のインフルエンザ定点医療機関(小児科:37、内科:19)から報告された患者数は以下のファイルをご覧ください。

2012年:PDF(PDF:163KB)CSV(CSV:3KB)

2013年:PDF(PDF:163KB)CSV(CSV:2KB)

2014年:PDF(PDF:163KB)CSV(CSV:3KB)

2015年:PDF(PDF:162KB)CSV(CSV:2KB)

2016年:PDF(PDF:149KB)CSV(CSV:2KB)

<インフルエンザウイルス>

感染症発生動向調査における2016/2017シーズンのインフルエンザウイルスの検査において、9月28日現在札幌市の病原体定点医療機関で採取された試料からは検出されていません。 

ウイルス分離数

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年齢群別週別患者報告数へのリンク

年齢群別週別患者報告割合グラフへのリンク

2016/2017シーズンインフルエンザウイルス検出情報へのリンク

2015/2016シーズンインフルエンザウイルス検出情報へのリンク

インフルエンザQ&A(厚生労働省)

インフルエンザの知識と予防へのリンク(札幌市保健所掲載情報)

市立学校等の休校情報へのリンク(札幌市保健所掲載情報)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073