ここから本文です。

更新日:2015年2月13日

医療機関向け検査情報

衛生研究所では、感染症発生動向調査の一環として、感染症の原因となるウイルス等の病原体の検査を実施しています。これらの検査の中には、検出頻度は低くても重要な病原体の検出や、流行の発端となる検査情報が含まれる場合があります。このコーナーでは、速報や断片的な情報などを、形式にとらわれずに医師や専門家向けに情報を提供しています。

病原体検出情報
情報掲載 情報
2014年1月6日 <速報>

2013/14シーズンに札幌市で検出された抗インフルエンザ薬耐性A(H1N1)pdm09ウイルス

2011年1月17日 <速報>
インドからのD4型麻疹ウイルス検出症例-札幌市
2010年6月22日 <速報>
中国からのH1型麻疹ウイルス検出症例-札幌市
2009年10月29日 <速報>
2009/10シーズン初のインフルエンザウイルスAH3亜型分離-札幌市
2008年2月14日 <速報>
麻疹ウイルス分離・検出状況(2007~2008年)
2006年11月1日 2005/06シーズンの札幌市におけるインフルエンザの流行状況について
(病原微生物検出情報2006/11
2005年12月1日 保育園で発生した腸管出血性大腸菌O26の集団感染事例
(病原微生物検出情報2005/11
2005年8月24日 2005年6月27日採取の無菌性髄膜炎患者の髄液からアデノウイルス3型を分離しました。無菌性髄膜炎患者からのアデノウイルス分離は比較的珍しい事例です。
(国立感染症研究所無菌性髄膜炎解説2003)
2005年3月 2004/2005シーズンのB型インフルエンザウイルス分離状況
病原微生物検出情報2005/3
2004年10月 エンテロウイルス71型の分離
病原微生物検出情報2004/10

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073