ここから本文です。

更新日:2022年8月1日

セイキムクドリの雛が誕生しました!

巣立ち直後のセイキムクドリの雛

セイキムクドリの雛

熱帯鳥類館のバードホールで飼育しているセイキムクドリが繁殖し、1羽のヒナが7月31日に巣立ちました。

巣はバードホールの鉄柱の隙間に作られており、31日早朝に巣立ち、地面を歩き回っています。ヒナはまだ親に餌をもらっている状態です。

バードホール内のオニオオハシは、ヒナを攻撃する可能性があることから、今回のセイキムクドリの巣立ちに伴い、バードホールから一時的に移動しております。

オニオオハシ(トト)は熱帯鳥類館1階入り口右横のケージでご覧いただけますのでご了承ください。

なお、ヒナが十分に飛行能力を身に付けたと判断でき次第、オニオオハシをバードホールに戻す予定です。

1 ヒナについて

産卵日:令和4年(2022年)7月上旬

ふ化日:令和4年(2022年)7月16日前後

巣立日:令和4年(2022年)7月31日

性別は不明です。

2 セイキムクドリについて

分類:スズメ目ムクドリ科 英名:Greater Blue-earedGlossy Starling

分布:西アフリカのセネガルからエチオピア、エチオピアから南アフリカ北部

形態:体長16-22cm

生態:乾燥した草原地帯や森林地帯に生息している。他の鳥と大軍を作ることもある。

保護規制状況:IUCNレッドリストLC(軽度懸念)



オニオオハシ

オニオオハシの展示場所

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428