札幌市の図書館 > 行事・展示のお知らせ > 中央図書館の行事・展示 > 「シベリア抑留関連資料」企画展示

ここから本文です。

更新日:2022年7月28日

「シベリア抑留関連資料」企画展示

「ラーゲリ(強制収容所)の記憶をたどる」

8月15日は戦没者を追悼し、平和を祈念する「終戦記念日」です。

この時期に合わせて平和への思いをあらたにするきっかけとしてもらえるよう、中央図書館で所蔵している「シベリア抑留関連資料」約4,000点の中から毎年企画展示を行っています。

今年は、12月に映画『ラーゲリより愛を込めて』(主演:二宮和也、北川景子)が公開されることから、ラーゲリとは何か、捕虜となった人たちがどのような想いを抱きながら過酷な生活を送っていたのかを知っていただくため、関連資料約40点をご紹介します。

 

「シベリア抑留関連資料」とは

 詳細ページへ

 

展示のようす 

 ラーゲリ写真1   写真2  写真3

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。