• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2019年12月10日

キッズ・シェフ

キッズ・シェフとは

毎年夏から秋にかけて、地元で採れる旬の食材の美味しさを感じてもらい、地元で採れたものを地元で食べる「地産地消」の大切さについて、親子で学んでもらうため実施しています。

イベントは例年、年に3回種類の違う食材で実施しています。

対象は西区にお住まいの小学3~6年生(小松菜農園に行ってみよう!見てみよう!のみ、1~2年生も参加可能)とその保護者の方です。

さっそくキッズ・シェフの内容についてご紹介していきます!

夏野菜でスープカレーを作ろう!

小別沢にある無農薬農園で野菜を収穫し、その野菜を使ってスープカレーを作る親子料理教室です。

バスにて農園へ向かい様々な野菜の収穫を体験できます。その日の野菜の状態によっては、無農薬のため採れたての野菜をその場でいただくということもあります。令和元年度はピーマンをいただきましたが、その甘味に驚く参加者が続出していました。スープカレー作りは、令和元年度まで「らっきょ」のイデさん指導の下、らっきょ特製「チキン野菜スープカレー」を作っており、イデさんより様々なお話も聞くことができました。

野菜収穫体験 スープカレー作り

 

小松菜農園へ行ってみよう!見てみよう!

西区の特産物である「小松菜」の収穫と調理体験を親子で行うものです。

小別沢地区で小松菜を生産している農園へ行き、生産者としての苦労や小松菜を育てるポイントなどを学び、畑で小松菜の収穫体験を行います。収穫後、簡単な調理と試食を通し、理解を深める食育体験学習になっています。令和元年度は漆崎農園さんにご協力いただき、広々としたビニールハウスの中でじっくりと収穫体験を楽しむことができました。参加者からは、札幌で小松菜がたくさん出荷されていることを初めて知った、小松菜に愛着がわいたといった感想が寄せられました。

収穫体験 調理体験

 

地元のりんごでおかし作りを体験してみよう!

秋に実施する人気のイベントとなっており、りんご園を見学した後おかし作り体験を行うものです。

山の手にあるりんご園を見学し、環境に優しい減農薬のりんご栽培について学び、その後、パティシエの指導の下、りんごを使ったおかし作りを教室を行います。令和元年度は、西区西野のケーキ屋さん「PATISSERIE YOSHI(パティスリーヨシ)」のパティシエ小松さんにアップルパイなどの作り方を教えていただきました。最後は、完成したおかしと共に紅茶をいただきながらティータイムを楽しみました。

りんご園見学 おかし作り体験

募集について

参加者募集については、各イベント募集開始前に広報さっぽろ西区版ページに掲載予定となっております。また、イベントチラシも西区内にて配架いたしますので興味をお持ちいただいた方はぜひお楽しみに!!

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市西区市民部地域振興課

〒063-8612 札幌市西区琴似2条7丁目1-1

電話番号:011-641-6926

ファクス番号:011-641-2455