• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2018年9月28日

天神山地区の魅力発信プロジェクト

豊平区内にある南平岸天神山地区は、精進川や天神山緑地など豊かな自然とともに、芸術・文化施設である「さっぽろ天神山アートスタジオ」が設立されており、まちなかにありながら豊かな自然を感じることができる場所となっています。豊平区では、この天神山地区の良さをより多くの方々に知ってもらい、地域の活性化につなげていくきっかけづくりを進めています。

 てんじんやま謎解きツアーを開催しました!

謎解きツアーの様子平成30年9月22日(土曜日)13時00分から14時30分まで、天神山緑地において、「てんじんやま謎解きツアー」が初めて開催されました(連携協力:札幌市博物館活動センター)。
これは、天神山の自然や歴史について、クイズを解きながら楽しく学んでもらおうと実施されたもので、豊平区の魅力を探す探偵として活動している「こりん」「めーたん」から届いた暗号メッセージを解読するために、区内在住の小学生13人が7つの謎にチャレンジ。
7つの謎のうち、緑地内の植物に関するものについては、札幌市博物館活動センターの山崎真実(やまざき・まみ)学芸員に、タネの広がり方や葉の見分け方など様々な特徴などについて、詳しく解説してもらいました。山崎学芸員からは、出題されていない植物に関する豆知識や実際に植物を観察するときのポイントなどの話もあり、参加者は興味津々の様子で、実際に木の実や葉っぱを触っていました。

謎解きツアーの様子
謎解きツアーの様子
謎解きツアーの様子
謎解きツアーの様子

また、歴史に関する謎の中には「長老に話を聞いてみよう」というヒントがあり、平岸林檎園記念歌碑の前で、まちづくり会「いきいき南平岸」の末廣仁志(すえひろ・ひとし)代表から、平岸で盛んに栽培されていたリンゴの話を聞いたり、当時の暮らしを聞いたりしました。

謎解きツアーの様子
謎解きツアーの様子

すべての謎を解いて天神山アートスタジオに戻った参加者は、解いた答えをもとに、「こりん」「めーたん」からの暗号メッセージを解読し、無事に2人からのメッセージを受け取っていました。参加した子どもたちは「天神山緑地の中をたくさん回ることができてよかった」「とても楽しかった」と笑顔で話していました。

 

ページの先頭へ戻る

天神山地区について

豊平区内にある南平岸天神山地区は、穏やかに流れる精進川や、四季折々に異なる表情を見せる豊かな天神山緑地が広がり、その頂上には、国内外のアーティストが滞在しながら制作活動を行う「札幌天神山アートスタジオ(以下「アートスタジオ」という。)」が備えられており、自然が持つ寛容さと、アートスタジオをが持つ創造性の両面を持ち合わせた、都会の喧騒を忘れさせてくれる大変魅力的な地域となっています。

また、この天神山緑地は、学問の神様がまつられる「平岸天満宮」や、樹齢300年を超える栗のご神木が生える「相馬神社」などがあるパワースポットでもあります。緑地からは、縄文時代早期の遺物が発掘されたり、山頂部にはアイヌ文化期のチャシ(地形を利用したとりで)跡が残されるなど、歴史の深さを感じることができます。

さらに、開拓時代にはこのあたり一帯がリンゴ栽培で栄えていたことから、このことを記念して平岸林檎園記念歌碑などの林檎にまつわる碑なども建立されています。

緑地のふもとには樹齢約200年の見事な藤棚があり、毎年6月頃には頭上一面を紫色の藤の花が覆い、辺り一帯が藤の花の香りで包まれます。

天神藤1 天神藤2

豊平区では、このように魅力がたくさんつまった天神山地区の良さをより多くの方々に知ってもらい、地域の活性化につなげていきたいと考えています。

過去の取り組み

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部地域振興課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2427

ファクス番号:011-822-9357