市営交通 > 料金案内 > 定期券のご案内 > 定期券の払戻金額について

ここから本文です。

更新日:2018年8月24日

定期券の払戻金額について

  • 定期券の払戻金額は、地下鉄のみの定期券の場合、通用期間の開始日から払戻請求のあった日までの期間につき、1日2回(SAPICA全線定期券は1日4回)指定区間を通常片道料金で乗車したものとして換算した額と手数料を定期料金から差し引いた金額です。
  • バスに関わる定期券の払い戻しについては、バス基準金額(通常料金とは異なります。)を用いて算出します。
  • 定期券によってはより複雑な場合もありますので、詳しくは係員にお尋ねください。

地下鉄のみの1か月定期券の場合の計算方法

通用期間の開始日から払戻請求のあった日までの期間を、○日(経過日数)として計算します。

計算方法

払戻金額=【定期料金】-【片道料金】×2回×【経過日数】-【手数料500円】

計算例

例:地下鉄1区(200円区間)の通勤1か月定期券(8,640円)を、10日間経過後に払い戻した場合

払戻金額=8,640円-200円×2回×10日-500円=4,140円

※地下鉄・バス乗継の1か月定期券の払い戻しについては、電話でお問い合わせください。

地下鉄のみの3か月定期券の場合の計算方法

通用期間の開始日から払戻請求のあった日までの期間を、○か月(経過した日数)と○日(端数の経過日数)として計算します。

計算方法

【1か月定期料金】×【経過した月数】・・・(A)

【片道料金】×2回×【端数の経過日数】・・・(B)※

※ただし(B)は【1か月定期料金】を限度とする。

払戻金額=【3か月定期料金】-(A)-(B)-【手数料500円】

計算例

例:地下鉄1区(200円区間)の通勤3か月定期券(24,620円)を、1か月と10日間経過後に払い戻した場合

8,640円×1か月分=8,640円

200円×2回×10日=4,000円

払戻金額=24,620円-8,640円-4,000円-500円=11,480円

※地下鉄・バス乗継の3か月定期券の払い戻しについては、電話でお問い合わせください。

SAPICA全線定期券の場合の計算方法

片道料金を250円、一日4回乗車したものとして上記の式を当てはめてください。


定期料金・乗車料金・乗継経路・運行時刻などの電話お問い合わせ先

札幌市交通案内センター

電話011-232-2277

【営業時間】平日:8時00分~20時00分、土曜日・日曜日・祝日:10時00分~18時00分

【休業日】年末年始(12月31日~1月3日)

※お客様との通話は、お問い合わせ内容の確認とサービス向上のために録音させていただくことがありますので、予めご了承ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部営業課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2724

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル