ホーム > 市政情報 > 人事・職員採用 > 人事・給与 > 札幌市子育て・女性職員応援プラン

ここから本文です。

更新日:2017年9月19日

札幌市子育て・女性職員応援プラン

策定にあたって

急速な少子化の進行や家庭を取り巻く環境が変化している中、平成15年7月に、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、育つ環境を整備するために、国、地方公共団体、企業など、様々な主体が社会を挙げて取り組んでいくことを目的とした次世代育成支援対策推進法(次世代法)が成立いたしました。

札幌市では、次世代法に基づく特定事業主行動計画として「札幌市職員子育て支援プラン」を策定し、これまで、第1次プラン(計画期間:平成17~21年度)、第2次プラン(同:平成22~26年度)を実施してきました。

平成27年度から実施中の第3次プランでは、第1次、第2次プランの取組により、各種支援制度の認知度は向上したものの、実際に制度利用に至らない職員が多くいる現状を重く受け止めて、職員の利用意欲の喚起や、制度利用しやすい職場環境づくりを重点的、かつ強力に推し進めてきたところです。

また、平成27年8月の女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)の成立を受け、札幌市でも、男女が共に働きやすい環境を整備し、女性職員がますます活躍できるよう、新たな特定事業主行動計画を策定することとしました。

新たな特定事業主行動計画と「札幌市職員子育て支援プラン」は、その趣旨や取組内容において、相互に密接な関係があることから、この度、両計画を一体化した「札幌市子育て・女性職員応援プラン」として、より効果的に実施していくこととしました。

目次

I 計画期間

II 推進体制

 1 計画の策定主体

 2 計画の対象職員

 3 効果的推進及び実施状況の公表

III 具体的内容

 1 妊娠中及び出産後における配慮

 2 子育てに関する休暇・休業制度などの利用促進

 3 男性職員の積極的な子育て

 4 時間外勤務の縮減など

 5 年次休暇の取得促進

 6 仕事と生活の調和などを実現するための環境づくり

 7 女性職員の活躍の推進

 

※印刷用はこちら⇒札幌市子育て・女性職員応援プラン(PDF:484KB)

 

札幌市子育て・女性職員応援プランの実施状況

札幌市子育て・女性職員応援プラン実施状況報告(PDF:209KB)

札幌市子育て・女性職員応援プランに基づいて実施した主な取組内容や各種制度の取得実績を掲載しています。

 

女性の職業選択に資する情報(PDF:102KB)

札幌市子育て・女性職員応援プランに関わる基礎的な資料として、以下の項目を掲載しています。

 

1.採用した職員に占める女性職員の割合

2.平均した継続勤務年数の男女の差異

3.職員一人当たりの各月ごとの時間外勤務

4.管理的地位にある職員に占める女性職員の割合

5.各役職段階にある職員に占める女性職員の割合

6.男性職員の配偶者出産休暇及び育児参加のための休暇取得率及び平均取得日数

7.男女別の育児休業等取得率及び育児休業平均取得日数

(※女性活躍推進法第17条に基づく、「女性の職業選択に資する情報」として公表しています。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局職員部勤労課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2082

ファクス番号:011-218-5169

札幌市総務局職員部人事課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2072

ファクス番号:011-218-5169