ホーム > 防災・防犯・消防 > 災害に備える > 防災の取り組み・計画 > 「札幌市防災DVD_今、あなたにできること。」DISK1:家庭でできること【1オープニング】(テキスト版)

ここから本文です。

更新日:2020年4月3日

「札幌市防災DVD_今、あなたにできること。」DISK1:家庭でできること【1オープニング】(テキスト版)

 

1.オープニング

 「札幌は自然災害の少ない、比較的安全な街?」

 

(街頭インタビュー)

Q.札幌は自然災害の危険が多い街?少ない街?

○女性A うーん、少ない。

○女性B 少ない。

○女性C 少ないと思います。

○女性D 少ないですね。

○男性A 少ないよね。

○女性D うん。

○男性B 国内では安全じゃないのかな。

○女性E ニュースとかでも、災害が起こったところをよく出すじゃないですか。でも、あんまりそういうので札幌っていうのが聞いた記憶がないので。

 

Q.自然災害への備え、何かしていますか?

○男性C いや、しようとは思っているんですけど、余り地震とかないんで。

○女性F してないです。

○男性A してない。娘にはよく言われるんだけどね。

○女性G 家具の配置とか、そういったようなことでは考えます。

○男性D 正直、全くしてないですね。起こってみないとわからないみたいな、結局、そういう油断みたいのがあって。

○男性E いや、やっていないですね。やらなきゃいけないんですけど、やっていないですね。

 

○男性ナレーション 市民の皆さんの反応と同じように、札幌は、風水害や地震などの災害が少ない比較的安全なまちと言われています。しかし、それは、この先もずっと続くのでしょうか。

最近の研究では、札幌の直下に隠れた断層の存在が想定されており、想定される最大級の直下型地震が発生した場合、阪神・淡路大震災を超える犠牲者が出る可能性も示されています。

 

■河川氾濫の可能性

○男性ナレーション 一方、札幌市内を流れる豊平川の上流部は、大都市を流れる川の中では例を見ないほどの急流河川であり、氾濫すると、まちなかにも水が流れ込む危険性があるのです。

 

(地震時の映像)

○女性アナウンサー 今、地震が起こっています。今、大きな地震が起こっています。大きな、大きな木が今倒れました。

 

○男性ナレーション 自然災害の被害を最小限にするためには、正しい知識と日ごろからの備え、そして、心構えが大切です。まず、自分の身は自分で守るという強い意識がもしものときにあなたと家族を守るのです。

このビデオをきっかけに、もう一度考えてみてください。

自然災害に備え、今、家庭でできること。

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理対策室危機管理対策部危機管理対策課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115