ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

胃がん検診

札幌市では、市内にお住まいで、職場等でがん検診を受ける機会のない方を対象にがん検診を実施しています。

なお、受診券等の配布は行っておりませんので、下記受診の流れに従い、受診してください。

胃がん検診チラシ(PDF:216KB)

対象者

50歳以上で原則偶数歳の方(2年に1回受診)

※受診日時点での年齢で判断してください。また、直前の偶数歳時に札幌市胃がん検診を受診していない奇数歳の方は受診可能です。

例:受診日時点で51歳の方

  1. 50歳の時に受診している場合
    51歳では受診できません。52歳になってから受診可能です。
  2. 50歳の時に受診していない場合
    51歳で受診でき、52歳になった際も受診できます。なお、52歳で受診した場合、53歳では受診できません。

検査内容

  • 問診
  • 胃部エックス線(バリウム)検査または胃部内視鏡検査

実施場所と費用

胃部エックス線検査

実施場所 費用
北海道対がん協会札幌がん検診センター(東区北26条東14丁目)
(予約電話番号は011-748-5522)
700円
各区保健センター
地区会館等(町内会回覧板で予約)
指定の医療機関

2,200円

受診料金が免除になる方

通常は約12,500円です。市の補助で約10,300円おとく。

胃部内視鏡検査

実施場所 費用
北海道対がん協会札幌がん検診センター(東区北26条東14丁目)
(予約電話番号は011-748-5522)
3,200円
指定の医療機関 3,500円

受診料金が免除になる方

通常は約18,000円です。市の補助で約14,500円おとく。

受診できない方

胃部エックス線検査

  • 妊娠中の方
  • 胃部疾患治療中の方及び術後者

胃部内視鏡検査

  • 胃内視鏡検査に関するインフォームド・コンセントや同意書の取得ができない方
  • 妊娠中の方
  • 疾患の種類にかかわらず、入院中の方
  • 消化性潰瘍などの胃疾患で受療中の方(ヘリコバクターピロリ除菌中の方も含む)
  • 胃全摘術後の方

(禁忌事項)

  • 咽頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない方
  • 呼吸不全のある方
  • 急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方
  • 明らかな出血傾向またはその疑いのある方
  • 収縮期血圧が極めて高い方
  • 全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断される方

札幌市がん検診の受診の流れ

指定の医療機関の場合

1.受診医療機関を決める

各がん検診の指定の医療機関

2.医療機関に電話し、受診日を決める

「札幌市の胃がん検診」を受診希望であることを伝えてください。

3.必要な書類を持参し、受診する

運転免許証や健康保険証等、住所・氏名・生年月日がわかる書類が必要です。
また、受診料金が免除になる方は、別途証明書類が必要です。

集団検診(各区保健センター)の場合

1.日程を調べる

各区の日程

2.予約する

予約番号

3.必要な書類を持参し、受診する

運転免許証や健康保険証等、住所・氏名・生年月日がわかる書類が必要です。
また、受診料金が免除になる方は、別途証明書類が必要です。

胃がんの基礎知識

国立がん研究センターがん情報サービスのページ(外部サイト)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151  内線:320

ファクス番号:011-622-7221