ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織案内 > 保健福祉局 > 保健福祉局所管施設のシックハウス対策

ここから本文です。

更新日:2015年3月19日

保健福祉局所管施設のシックハウス対策

建築物の利用者などが化学物質に起因して体調不良を起していると考えられる、いわゆる「シックハウス症候群」については、建築物の高気密化や化学物質を放散する建材の使用などが原因と言われています。
札幌市では、平成17年9月「札幌市公共建築物シックハウス対策指針」を策定し、市民の皆さまが利用している公共の建築物を建設、維持管理している全ての部局においてシックハウス対策に取り組んでおります。
既存施設については、当面ホルムアルデヒド(指針値0.08ppm)の測定によって安全確認を行うこととなっており、保健福祉局においても計画的に実施しております。
なお、これまでに測定した保健福祉局所管の施設については、全て指針値以下であり、安全が確認されております。

平成25年度測定結果(PDF:34KB)

平成24年度測定結果(PDF:33KB)

 

札幌市公共建築物シックハウス対策指針(都市局建築部建築企画課)

札幌市公共物のシックハウス対策(札幌市保健所生活環境課)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局総務部総務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2932

ファクス番号:011-218-5180