ここから本文です。

更新日:2015年6月24日

施政方針について

皆様、こんにちは。札幌市長の秋元克広です。
本日6月24日の平成27年第2回定例市議会本会議で、施政方針をお話しさせていただきました。
その概要をご紹介させていただきます。

施政方針「私の市政への思い」(概要)

我が国では、2008年に始まった人口減少が、今後加速度的に進むとされており、2008年には約1億2,800万人だった人口は、2060年には約8,700万人まで減少すると推計され、同時に高齢化率は、将来的に40%まで上昇すると言われております。

札幌市について言えば、ここ数年のうちに人口減少局面に転じると推計しており、このままでは2060年には約143万人まで人口減少が進み、高齢化率も44%まで上昇する見込みとなっております。

加えて、1972年に政令指定都市となり、アジアで初となる冬季オリンピック札幌大会の開催を経て、世界都市の一つに数えられるまでに発展してきた我が街・札幌は、その開催を契機に整備が進められた、地下鉄や道路などの都市基盤や学校などの公共施設が、今後一斉に大量更新の時期を迎えます。

札幌はハード・ソフトの両面で、街を創り変えていくべき時期に来ています。

札幌の街は今、かつて誰も経験したことのない人口減少・超高齢社会の到来を目前に控え、北海道開拓使設置、そして冬季オリンピック札幌大会開催に次ぐ、三度目とも言うべき大きな転換期を迎えていますが、私はこれを、より札幌の魅力を高めていくチャンスと捉えます。

今こそ、市民、企業、行政が力を合わせ、様々な課題に取り組むとともに、国内外からもっともっと、人、モノ、情報などを引き付け、都市の魅力を更に高め、それがまた、人、モノ、情報などを引き付けるという好循環を形成していかなければなりません。

さらに、北海道と共に発展してきた札幌は、この難局を乗り切っていくために、北海道そして178の道内市町村としっかりと手を携え、北海道の中心都市として、役割を果たしていかなければなりません。

私は、多くの人々を魅了し、誰もがいつまでも住み続けたいと思う街を築き上げ、将来の世代に引き継いでいくために、4つの挑戦からなるまちづくりの取組と、4つの視点を重視した市政運営を行い、次に掲げる2つの未来のさっぽろの姿を実現してまいります。

私が描く未来のさっぽろ

人を大事にするということを原点に据え、地域の実状をしっかりと見つめ、市民、企業、行政が知恵を出し合い、地域課題の解決に全力で取り組む「徹底した地域主義」でまちづくりを進め、2つの、心豊かで明るい札幌の未来を描きます。

「誰もが安心して暮らし生涯現役として輝き続ける街」さっぽろ

これからの人口減少・超高齢社会を見据え、誰もが安心して暮らし、人とつながり、生涯現役として必要とされ、札幌の市民であることに誇りを持ちながら、生き生きと輝ける街。そんな街・札幌を目指してまいります。

「世界都市としての魅力と活力を創造し続ける街」さっぽろ

時代の変化を的確に捉え、新しい試みに大胆かつ果敢に挑戦し、国内外から人、モノ、情報などを引き付け、世界都市としての魅力と活力を創造し続け、北海道をリードしていく街。そんな街・札幌を目指してまいります。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。