• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 近隣市町村交流の取組

ここから本文です。

更新日:2017年6月22日

近隣市町村交流の取組

 厚別区は、札幌市の東部に位置し、江別市・北広島市に隣接しているという地理的特性があります。また、副都心として札幌市東部方面の広域交流拠点としての役割を担っていることから、市町村間相互のネットワークを図り、より効果的・効率的な事業展開や活動へと結びつけることで、『ネットワーク型地域づくり』を進めるため、平成6年から近隣市町村交流事業を行っています。

 1 近隣市町村交流事業

ファミリー森林浴ウオーキング 

 平成6年度から行っている厚別区・江別市・北広島市の交流事業です。

 各市にお住まいの皆様が参加し、各自の体力に応じたペースで自然散策を楽しみます。 昼食時には参加者の交流会を開催し、住民の親睦と相互交流を図っています。 子どもから高齢者まで多数の住民が気軽に参加できる事業です。

 

ウオーキングの様子

 厚別区民まつり近隣市交流ステージ&PRコーナー

 近隣市町村の紹介やPRを行うことで近隣市町村住民と厚別区民の交流やふれあいを深めようと、厚別区民まつりでは、江別市・北広島市の郷土芸能を披露する「近隣市交流ステージ」や、近隣市町村の特産物の紹介・販売を行う「PRコーナー」を開設しています。平成12年から実施。

 ■近隣市交流ステージ

江別市の野幌太々神楽

北広島市の中野流西の里七頭舞

江別市の野幌太々神楽

北広島市の中野流西の里七頭舞

  ■PRコーナー

江別市のPRコーナー

北広島市のPRコーナー

江別市のPRコーナー

北広島市のPRコーナー

 

当別町のPRコーナー 

新篠津村のPRコーナー

当別町のPRコーナー

 

新篠津村

 厚別区民まつりに出店した当別町のみなさんが平成28年8月21日(土曜日)、ふれあい広場あつべつ(厚別中央1条5丁目)にてとうべつ軽トラ・マーケットを開催しました。詳しくは「とうべつ軽トラ・マーケット」のページをご覧ください。

 近隣3市家庭婦人スポーツ交流大会

 参加者の女性(家庭婦人)が、スポーツ(バドミントン・バレーボール・卓球の3競技)を通して相互に交流・親睦を図り、健康増進と技術の向上に努めるとともに、今後の活動の場を広げていくことを目的に開催しています。また家庭婦人が自ら大会を企画・運営しています。平成6年から開催。
 バドミントン・卓球の様子  バレーボールの様子

 近隣市交流パークゴルフ大会

 パークゴルフを通して相互に交流・親睦を図り、健康増進と技術の向上に務めるとともに、今後の活躍の場を広げることを目的に開催しています。平成13年から開催。

パークゴルフ大会の様子

 近隣市子育て支援者交流会

 子育て家庭を支える支援者(地域住民)が、親子と関わるための実践的な方法や支援方法などを学ぶための講演会や交流会を実施しています。平成6年から開催。 詳しくは、近隣市子育て支援者交流会をご覧ください。

講演会の様子

実技《手作りおもちゃ》の様子

講演の様子

手作り

 広報活動における三市交流事業

 平成22年11月、区役所庁舎内に「近隣市情報コーナー」を設置しました。近隣市のマップやイベントチラシ等を配架。広報誌も閲覧できます。

 広報ラジオFMドラマシティ(77.6MHZ)で放送中の「厚別ふれあい・ほっとステーション」において近隣市交流事業のお知らせや各市で開催されるイベントなどを紹介しています。

 このほか、近隣市イベントチラシ「近隣市へでかけよう!」を季刊で作成し、各庁舎・JR駅などで配布しています。

近隣市情報コーナー(厚別区役所1階)

「近隣市へでかけよう!」イベントカレンダー

江別市・北広島市・厚別区で開催されるイベントを紹介しています。お誘い合わせのうえ、ぜひお出かけください。

H28年4月~6月

 

平成29年7月~9月のイベント(PDF:1,276KB)

平成29年4月~6月のイベント(PDF:4,097KB)

平成29年1月~3月のイベント(PDF:1,609KB)

平成28年10月~12月のイベント(PDF:1,489KB)

 

 2 交流近隣市町村の紹介

厚別区と交流市町村の概況

 

  人口 世帯数 面積(km2
厚別区 128,492 54,099 24.38
江別市 123,722 51,170 187.57
北広島市 60,353 22,991 118.54
当別町 18,766 7,400 422,71
新篠津村 3,515 1,086 78,24

※平成22年国勢調査

 

 

厚別イベントキャラクターピカットくん

 

厚別イベントキャラクター『ピカットくん』

 

江別市

 江別市は石狩平野の中央部に位置し、全般的に平坦な地勢で豊かな自然環境に恵まれ、札幌市、北広島市、岩見沢市、当別町、南幌町、新篠津村と隣接しています。札幌からはJR函館本線で約22分。市の中央部を国道12号が走っています。また東西に北海道縦貫自動車道が走っており、江別東・江別西の2つのインターチェンジがあります。
 昭和29年に市制が施行され、江別市が誕生。30年代後期から40年代にかけて札幌市への人口集中の影響を受け人口が急増しました。また、文京台地区の大学、その他教育施設の立地、江別市第一工業団地の整備などにより道央圏の中核都市としての地位を築きました。【江別市HPより一部転載】江別市ホームページへのリンク

江別のご当地キャラクター『えべチュン』

江別のご当地キャラクター『えべチュン』

 

北広島市

 北広島市は、札幌市と新千歳空港の間に広がるなだらかな丘陵地帯にあり、豊かに息づく緑の環境、ゆとりの土地空間、整備された交通網など自然と都市機能が調和した街です。
 道央圏のなかで宅地開発や工業団地の造成、都市施設の整備が着実に進められ、平成8(1996)年9月に市制を施行したばかりの青年期のまちといえます。
 クラーク博士が『ボーイズ・ビー・アンビシャス』の名言を残したゆかりの地。そのフロンティア精神を受け継ぐ人々が住むこのまちは、21世紀に向けて美しい生活文化都市の創造のため、歩み続けています。 【北広島市HPより一部転載】 北広島市ホームページへのリンク

北広島市イメージマスコット『エルフィン』

北広島市イメージマスコット『エルフィン』

当別町

 当別町は 明治4年、仙台藩岩出山の領主・伊達邦直公が家臣共々移住し、苦難の開拓の歴史が始まりました。人々の開拓の努力は、明治35年頃には豊かな農村へと発展し、農業を基幹産業とした本町の礎が築かれました。現在では、管内有数の米の生産量を誇っています。また、切り花の生産が盛んで、道内屈指の生産額となっています。 昭和63年の札幌大橋開通やJR学園都市線の増便などから宅地造成がなされ、札幌近郊の田園都市として発展しています。【当別町HPより一部転載】 当別町ホームページへのリンク

新篠津村

 新篠津村は、明治29年、篠津村(現:江別市篠津)から分村したことから名付けられました。一戸当たりの水稲作付面積は全道一を誇り、米どころとして有名です。また、野菜や花き栽培、施設園芸にも意欲的に取り組んでいます。【新篠津村、農林水産省HPより一部転載】 新篠津村ホームページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部地域振興課

電話番号:011-895-2442