• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > 手稲区のまちづくり > 富丘西宮の沢まちづくりセンター > 富丘連合町内会が令和2年度札幌市防災表彰を受賞

ここから本文です。

更新日:2021年2月9日

富丘連合町内会が令和2年度札幌市防災表彰を受賞

写真1/写真左:久瀧会長・右:田中区長

令和3年1月29日(金曜日)、手稲区役所で、令和2年度札幌市防災表彰式が開催され、「富丘連合町内会」が表彰されました。
この表彰は、自主防災活動を推進している町内会などが、本市の防災のために尽くし、自主防災強化のために模範となるような活動をしたときに表彰されるもので、今年は各区合わせて計12団体が表彰されました。
今回「富丘連合町内会」が表彰されたのは、長年、同町内会が自主的な防災活動に取り組んでおり、特に近年では、その一環として、区域内の各学校を会場として「避難所運営訓練」を実施している点が評価されたためです。
当訓練は、災害発生時に迅速かつ的確に行動し、自分たちで円滑に避難所運営ができるよう、地域住民の防災意識の向上を図ることを目的として実施されており、令和元年度で5回目の実施となりました(なお令和2年度は新型コロナウイルス感染防止のため訓練を中止)。例年、役員や地域住民120人以上の参加がある大規模な訓練となっており、訓練の実施にあたっては、会場の学校職員、区役所や警察署といった行政機関、防災活動の専門家などと連携を図り、参加する地域住民に対して、避難所運営や避難所での生活を身近なものとして知ってもらえるよう工夫がなされています。
また、訓練には子どもから高齢者まで幅広い世代が参加しており、毎年恒例となっているダンボールを使ったベッド製作やプライバシー確保のためのパーテーションの製作体験が行われ、参加者はグループごとに協力し、試行錯誤しながら取り組むことで、世代を超えて防災活動の普及啓発を図り、地域住民の防災意識の向上に大きく寄与しています。
表彰式は、例年は市内の全ての受賞団体が一堂に集まり、市長から表彰状が贈られますが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、各区に分かれて実施。表彰式では、手稲区の田中区長から同町内会の久瀧(ひさたき)会長に、表彰状が贈られました。

上記写真左:久瀧会長・右:田中区長

写真2

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部富丘西宮の沢まちづくりセンター

〒006-0012 札幌市手稲区富丘2条2丁目1-1

電話番号:011-685-4745

ファクス番号:011-685-0376