• ホーム
  • 利用者のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ
  • 事業の紹介
  • ご意見・ご提案

ホーム > 事業の紹介 > 札幌の水道施設 > 浄水場 > 白川(しらいかわ)浄水場

ここから本文です。

更新日:2023年1月23日

白川(しらいかわ)浄水場

1.給水能力

昭和46年(1971年)に通水した白川浄水場は、市内の人口増加とともに度重なる拡張や整備事業を経て、3つの浄水棟から構成される施設となりました。3棟あわせて、1日あたり54.2万立方メートルの給水能力があります。

白川浄水場概要説明図

2.白川浄水場の重要性

白川浄水場は、札幌市の給水区域のうち約80%(下図の水色のエリア)をまかなう市内最大の浄水場です。また、市内の他浄水場へのバックアップ機能も備えており、非常に重要な施設です。

各浄水場の給水区域図

3.今後の取り組み

通水から50年以上を経過した白川浄水場では、経年劣化や耐震性能の不足などの施設の課題があるほか、近年では、集中豪雨等により河川が濁ることも増えているため、より一層の機能向上が求められます。将来にわたり、安全で良質な水を作り続けていくため、段階的に改修を進めてまいります。

課題と今後の取組についての説明図

前のページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局給水部施設管理課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7065

ファクス番号:011-231-2773

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る