収蔵展示

ホーム > 収蔵展示 > 人々の暮らし|広報誌

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

広報誌

広報誌「銃後の護り」

昭和12(1947)年7月7日に日中両軍が衝突した盧溝橋事件の直後から、北海道庁が銃後後援のパンフレットとして発行したものです。各市町村の銃後後援会実行班へ配布するとともに、銃後におかれた民衆の戦意を高揚・持続させるための内容を掲載して広範な影響を与えました。

札幌市公文書館蔵

ページの先頭へ戻る