• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

民生委員の訪問調査と巡回相談

札幌市では、高齢者の保健福祉の向上を図るため、66歳になる方や、66歳以上で転居された方を対象に、現在の世帯状況(ひとり暮らし、ご家族とお住まいかなど)や健康状態、そして、急病や災害時に活用する緊急連絡先等を把握するための調査を行っており、ご希望に応じてご相談もお受けしています。
調査は、札幌市からの依頼を受けた区域担当の民生委員がご家庭を訪問し、皆様から直接お話を伺いますので、調査の趣旨をご理解のうえ、ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。
なお、任意の調査ですので、ご事情によりお答えいただかなくても構いません。

個人情報について

民生委員の調査にあたりましては、次のことに十分配慮いたします。
(1)個人の秘密は、必ず守ります。(民生委員には守秘義務があります。)
(2)調査で得た情報は、皆様の福祉に関する目的以外には使用しません。
(3)調査で得た情報は、札幌市(南区役所)及び民生委員が厳重に保管します。

ひとり暮らしの高齢者の方は

介護保険のサービスを利用されていない、ひとり暮らしの高齢者などのご家庭には、ご希望に応じて民生委員が定期的に訪問し、日常生活におけるいろいろなご相談に応じることもできます。
民生委員の定期訪問をご希望の方は、お住まいの区域地区の担当民生委員もしくは区役所にご相談ください。

調査結果の活用例

巡回訪問

 

民生委員は調査のため66歳になるAさんを訪問しました。Aさんは万が一に備え民生委員に緊急連絡先を教えるとともに、「ひとり暮らしだが、最近は体調がよくない。心配なのでときどき相談にのってほしい。」と頼みました。

そこで、民生委員は月1回訪問するほか、ごみ出しや買い物の際に挨拶を交わしていました。

安否確認

 

そんなある日、突然Aさんの姿を見かけなくなりました。ご自宅を訪問しましたが応答がありません。昼間なのにカーテンが閉まったままになっています。
心配になった民生委員は、Aさんの緊急連絡先の親族に連絡しました。

発見

 

親族が駆けつけ合鍵で家に入ったところ、室内で倒れているAさんを発見。救急車で病院に搬送しました。しばらくして元気になったAさんは、民生委員からの紹介で、区役所に介護保険サービスの利用について相談することにしました。


 

緊急連絡先はいざという時にたいへん役に立つ情報です。特にひとり暮らしの方や健康に不安がある方は、できるだけすぐに連絡が取れ自宅に来ることができる方を登録しておきましょう。
緊急連絡先を変更する場合は、保健福祉課活動推進担当または区域担当の民生委員までご連絡をお願いいたします。

問い合わせ

保健福祉課活動推進担当(電話:011-582-4734)


民生委員・児童委員のトップページに戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区保健福祉部保健福祉課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4734

ファクス番号:011-584-9008