• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区のまちづくり > コトニ クラシック

ここから本文です。

更新日:2018年9月26日

コトニクラシック

コトニクラシックとは

地下鉄琴似駅を会場に開催される無料のクラシックコンサートです。

身近な地下鉄駅で、プロによる本格的な演奏を気軽に楽しめます。

西区役所は「文化芸術を活かしたにぎわいあるまちづくり」を進めており、
市民が気軽に芸術に触れる機会を提供するために、平成24年度から始まったものです。

コトニクラシック2 コトニクラシック4

コトニクラシック3 コトニクラシック1

 

次回開催情報

【再公演決定】 コトニクラシックVOL.23

コトニクラシックVOL.23

9月6日に開催予定だったコトニクラシックVOL.23については、北海道胆振東部地震の影響で中止となっておりましたが、多くの皆様から再公演の要望があり、さらにいつも出演していただいている大平まゆみ氏より「西区の街を元気にしたい」とあたたかい言葉をいただき、再公演が決定いたしました。
音楽を通じて、ひとりでも多くの方が元気になれるよう、明るい気持ちになれる曲目を選曲しております。
みなさま是非、足をお運びください。

・日時 11月1日木曜日 18時15分~45分
・会場 地下鉄琴似駅コンコース(琴似バスターミナル地下1階)
・出演 大平まゆみ(ヴァイオリン)、木原奈津子(ピアノ)
・演奏予定曲
モンティ/チャルダッシュ、葉加瀬太郎/情熱大陸 ほか

 

大平 まゆみ Violin

大平まゆみ

仙台市出身。東京芸術大学附属音楽高等学校卒業、同大学入学3ヶ月後にアメリカ、サンフランシスコ音楽院に招待留学。在学中、コールマン室内楽コンクール第1位、タングルウッド音楽祭では最優秀ヴァイオリニストとしてシルバースタイン賞を受賞。卒業後、同音楽院、スタンフォード大学の講師となる。
スタンフォード弦楽四重奏団、フィラデルフィア弦楽四重奏団のメンバーとして世界各地で公演。ソロ活動も続ける。
パサディナ室内管弦楽団コンサートマスター、シラキュース交響楽団准コンサートマスター、バンクーバー交響楽団首席第2ヴァイオリン、東京交響楽団アシスタントコンサートマスター、読売日本交響楽団をはじめ数々のオーケストラのゲストコンサートマスターを経て、1998年に札幌交響楽団のコンサートマスターに就任し現在に至る。
音楽の力をもっと多くの方に伝えられるよう、病院や施設での演奏、講演会など、ソロでも精力的に活動中。2014年に初のエッセイ「100歳まで弾くからね!」を出版。2015年以来毎年Newアルバムをリリースし2017年5月には7枚目のCDを発売。
2009年札幌芸術賞、2012年ソロプチミスト日本財団社会貢献賞を受賞。

 

木原 奈津子 Piano

木原奈津子

釧路市出身。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。第24回釧路新人演奏会奨励教育長賞、第29回釧路音楽協会高後賞受賞、第36回釧新郷土芸術賞受賞。
4歳よりピアノと作曲を始める。1984年に北大オーケストラとの共演で自作のピアノコンチェルトを演奏。1987年、2008年に弟の木原健太郎と姉弟でのジョイフルコンサートを行う。1997年、1999年、2002年には、オーストリア・ブルックナーオーケストラと室内楽の夕べにて共演。2009年には、赤松林太郎ピアノリサイタルにてセカンドピアノで共演する。
今年の2月にはヴァイオリニストの奥村智洋氏と、またヴァイオリニストの米谷彩子氏とは2015、2016、2018年と3度に渡り共演している。アールクシリアンくしろ作曲家コレクションに出演するほか、ソロを始め室内楽やオーケストラ、数多くのソリストとの共演、また後進の指導にもあたっている。
(株)エルム楽器釧路支店ピアノ講師、北海道教育大学釧路校非常勤講師、釧路音楽協会会員、音の環会員。

 

 

 

過去の開催状況

過去のコトニクラシックの様子は、下記のリンクからご覧いただけます。

過去の開催状況

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市西区市民部地域振興課

〒063-8612 札幌市西区琴似2条7丁目1-1

電話番号:011-641-6926

ファクス番号:011-641-2455